エグゼクティブビジネスプログラム

第1弾「不動産プロフェッショナルアカデミーシリーズ」

-不動産に関する深い理解、実践と企業経営に通じたプロフェッショナルの養成コース-
実務界の第一線で活躍する講師陣による、不動産のプロフェッショナル向けの、継続的、かつ短期集中して特定のテーマを学ぶ機会です。
【受講をおすすめする方】
  • 不動産業界を中心とした企業における経営層、及びそれを目指す方
  • ビジネススクールの学びに触れてみたい方(通いたいと考えているが、時間的制約で困難の方など)
  • 不動産業界でのネットワーク構築を考える方

パンフレットダウンロード(PDF:0.97MB)

【お詫びと訂正】

パンフレットに記載をしていた、受講料に誤りがございました。

MBS不動産プロフェッショナルアカデミーシリーズ(2)「不動産有効利用と税」の受講料
(誤)120,000円
(正)100,000円

一部のメディア等におきましても、受講料120,000円なっておりますが、100,000円が正しい金額となります。訂正させていただきますとともに、謹んでお詫び申し上げます。

【講座番号16210056】 MBS不動産プロフェッショナルアカデミーシリーズ(1)「事業用不動産開発」

申込はこちら

本講座では事業用不動産開発(今回は商業施設の開発)を取り上げ、その開発企画、素地取得から出口(流動化)までの一連のプロジェクトについて、理論、実務の両面から総合的にこれらの留意点を解説します。具体的には、プロジェクト全体の概説の他、対象地の素地評価、マーケット分析、プロジェクトファイナンス、プロパティマネジメント、定期借地借家契約、税・会計的視点、不動産証券化、および行政視点などをテーマとします。
講師の先生はこの分野の第一人者であるコンサルタント、事業者、金融機関等の方々です。また受講者間、講師の先生とのネットワークづくりも目的としています。

会員:8月22日(月)~ 申込開始
一般:8月26日(金)~ 申込開始

講義概要

期間 2016年10/24(月)~11/2(水)(7日間集中講義)19:00~21:00
定員 25名
会場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン
受講料 120,000円 (税込)
①10/24(月) 商業プロジェクト概説/商業施設の立地分析
②10/25(火) 対象地の価値評価
③10/26(水) 郊外型商業施設の開発事例
④10/27(木) プロジェクトファイナンス
⑤10/28(金) プロパティマネジメント/ネットワーキング
⑥10/31(月) 法律・税・会計的視点等
⑦11/2(水) 投資対象としての商業施設(不動産証券化)/行政の立場から見た不動産投資市場

※各回の詳細、講師の略歴はパンフレット(PDF)をご確認ください。

担当講師:
山村 能郎 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授)
村木 信爾 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 特任教授)
矢木 達也 (株式会社 ビーエーシー・アーバンプロジェクト 代表取締役社長)
奥田 かつ枝 (緒方不動産鑑定事務所取締役/明治大学ビジネススクール兼任講師)
齊藤 靖範 (イオンリテール(株)デベロッパー本部副本部長)
大浜 正晴 (住商アーバン開発(株) 御影クラッセ事業所 総括支配人)
吉田 修平 (吉田修平法律事務所)
田中 浩 (三井不動産フロンティアリートマネジメント代表取締役社長)
伊藤 夏生 (国土交通省 土地・建設産業局 不動産市場整備課不動産投資市場整備室 室長)

【講座番号16210057】 MBS不動産プロフェッショナルアカデミーシリーズ(2)「不動産有効利用と税」

申込はこちら

本講座では、不動産の取得、保有、譲渡等に係る税法を網羅しつつ、税を活用した不動産の有効利用策、および借地権、継続賃料などをテーマとして取り上げます。そしてこれらを総合し、事業承継時における課題発見と解決策の実践的な検討を行います。講師の先生はこの分野での第一人者である会計士、税理士、建築士、不動産鑑定士等です。特に中小企業の経営層の方や、不動産コンサルタントを目指す方にお勧めします。また受講者間、講師の先生とのネットワークづくりも目的としています。

会員:8月22日(月)~ 申込開始
一般:8月26日(金)~ 申込開始

講義概要

期間 2017年2/20(月)~2/24(金) (5日間集中講義) 19:00~21:00
定員 25名
会場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン
受講料 100,000円(税込)
①2/20(月) 不動産にかかる税概略(基礎)
②2/21(火) 不動産有効活用策
③2/22(水) 借地権とその評価/借地権、等価交換、有効活用時の税
④2/23(木) 事業承継時の税、相続税
⑤2/24(金) 新規賃料・継続賃料/ネットワーキング

※各回の詳細、講師の略歴はパンフレット(PDF)をご確認ください。

担当講師:
山村 能郎 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授)
村木 信爾 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 特任教授)
下崎 寛 (税理士事務所・行政書士事務所代表、日税不動産鑑定士会会長)
田村 誠邦 ((株)アークブレイン代表取締役、明治大学理工学部特任教授 博士(工学)、一級建築士、不動産鑑定士)
阿部 隆志 (東京建物(株) 鑑定部 グループリーダー、不動産鑑定士)
大野木 孝之 (大野木総合会計事務所 代表、公認会計士・税理士・中小企業診断士)
平川 茂 (税理士法人 平川会計パートナーズ 代表社員、税理士)

プログラムコーディネータ

  • 山村 能郎 やまむら よしろう

    明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授

    1996年東京工業大学大学院博士課程修了(博士(工学))、1996年香川大学経済学部専任講師、1997年同 助教授、2002年8月~2003年7月 University of Cambridge 客員研究員。専門は、M&A分析、不動産金融工学、不動産ファイナンス論。

  • 村木 信爾 むらき しんじ

    明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 特任教授

    1981年京都大学法学部卒業後、住友信託銀行(株)(現 三井住友信託銀行(株))入社。現在大和不動産鑑定株式会社勤務(本学と兼職)。1988年米国ワシントン大学でMBA取得。不動産鑑定士、不動産カウンセラー。国土審議会土地政策分科会不動産鑑定部会専門委員、元不動産鑑定士試験論文式試験試験委員、国土交通省ヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会委員等。

【受講にあたってのご注意】
  • 本講座は、リバティアカデミーの入会金無料対象講座です。
  • 本講座の受講料の割引はございません。
    ※法人優待制度をご利用いただいても同料金となります。
  • 受講に際し、リバティアカデミーの「入会と受講のご案内(入会規約)」をご確認ください。

エグゼクティブビジネスプログラムとは

本プログラムは、明治大学ビジネススクール(MBS、専門職大学院グローバル・ビジネス研究科)とリバティアカデミーが共同して開講するビジネスプログラムです。企業における経営層、及びそれを目指す人を対象に高度な学びに触れることができるコースです。企業からの派遣も積極的に受け入れています。

会場となる駿河台キャンパスアカデミーコモン

青井 倫一

明治大学専門職大学院長
グローバル・ビジネス研究科長

1969年東京大学工学部卒業、75年同大学院経済学研究科博士課程修了、81年ハーバード大学ビジネススクール博士号取得。80年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授、90年同教授、2001年~2005年慶應義塾大学大学院経営管理研究科委員長、慶應ビジネススクール校長。2011年~明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授。

明治大学ビジネススクール(MBS)について

MBSは日本国内でMBA(Master of Business Administration)を取得できる専門職大学院です。社会人が働きながら大学院に通学できるよう、平日の夜間と土曜日に授業を行なっています。プロフェッショナルな実務教育の実践を目指す専門職大学院として、個々のカリキュラム選択にはフレキシブルに対応が可能です。6領域の約170科目に及ぶ科目の中から授業を選択でき、個人の指向・目的に応じ、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても体系的に学べるカリキュラムを用意しています。
修了しMBAを取得した後も、科目等履修制度、OBネットワーク活動、各種勉強会・公開講座等に参加でき、成長し続けるための生涯教育を支援しています。

経験に「理論」という武器を結び付け、新たなネットワークを創出する。これが大学で学ぶ意義である。

MBS不動産プロフェッショナルアカデミーシリーズの設立趣旨

企業活動にとっての不動産(CRE)関連サービスは、財務、人事、情報システムなどと同様に、コアビジネスを支え、全社で共有する重要なサービス(シェアードサービス)のひとつであり、また不動産はプロの不動産投資家はもちろんのこと一般企業にとっても重要な投資資産です。
そのため、企業内部の不動産のご担当(CRE担当)のみならず、外部から企業にアドバイスをし、仲介、管理、税務、法務などのサービスを提供するプロフェッショナルにとっても、不動産の開発、税務、M&A、不動産投資、CRE戦略等、不動産に関する深い専門知識、経験とともに多面的な分野の理解が求められています。
本コースは、企業組織内でCRE担当を目指す人々とともに、不動産デベロッパー、投資ファンド、不動産仲介、鑑定、税理士などコンサルタントを目指す人、金融機関で不動産投資、融資に関わる人々等、ビジネスの第一線におられるエグゼクティブおよびこれからこのような経営、不動産のプロフェショナルをめざす人々を対象とし、自らの専門分野を深め、かつ他の専門家と協働の元、リーダーとして一つのプロジェクトを仕上げていく力、およびそれを推進していくコンサルティング力を短期集中的に学ぶ機会を提供するものです。
講師は、MBSの教員の他、実務界の第一線で活躍する先生方です。理論と大きな環境変化の下での実務を題材に、先生方と受講生の方々とのインタラクティブな議論の中で、新しい発見が生まれることが期待できます。1モジュール{単位}10-14時間程度で、お伝えできることは限られているかもしれませんが、更に自ら知識、経験を深めていかれるきっかけになることを期待します。(より幅広い知識を得て、考えを深め、自ら論文を作成してみたいという方はMBAコースへのチャレンジをお薦めします。)
本講座ではまた、受講者間のネットワーキングの場を提供します。受講者の皆様のビジネス、人生に幅を広げるきっかけにしていただければと存じます。
日本において不動産のプロフェッショナル講座向け講座は、単発のものはありますが、継続的に、しかも短期集中して特定のテーマを学べる機会はほとんどありません。少子高齢化、グローバル化、情報機器,人口知能の発達など、日本の経済、不動産を取り巻く環境が変わる中、不動産のプロとしての基礎を固めつつ、環境変化にキャッチアップし、先んじる人材の育成を目指します。
今年度はまず、10月に「事業用不動産開発(商業施設)」と2月に「不動産有効活用と税」を取り上げます。

ページの先頭へ