13160002 聖地・熊野-先人たちの祈りと再生- 明治大学・和歌山県観光連盟連携講座

講座終了

講座概要

講座番号 13160002
期間 2013年5月25日 ~ 2013年7月27日
回数 5回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 50名
通常会員料金 7,500円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP

講座趣旨

古より神々の住む地とされた聖地「熊野」は、自然信仰を原点とし日本人の精神文化に大きな影響を与えてきました。長く険しい山々を縫う熊野古道・熊野三山へと結ぶ道のりを、人々は「現世と来世の救い」を祈りながら歩き、熊野は懐の深さですべてを受け入れました。現在でも、壮大な自然と神秘性を保持したまま、1200年以上にわたり永続的に残され、「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコ世界文化遺産に認定されています。
この講座では、熊野に伝わる伝説や歴史を学び、その魅力から現在社会における人生のあり方を改めて感じるヒントにしていただきたいと思います。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2013/05/25 熊野の聖地をめざした人びと~古代から近代まで~ 古代以来、法皇をはじめ多くの人々が様々な思いを抱いて、熊野を目指し「旅」に出た。艱難に富んだ道中であったればこそ、熊野の地に立った時の感動は大きかった。先人たちの思いを追体験する。
2 2013/06/08 釣鐘物語 鐘で名高い寺は多い。しかし「鐘を無くした寺」として知られるのは道成寺だけだろう。『道成寺縁起』絵巻の絵解きを実演し、道成寺の釣鐘がたどった数奇な歴史と、道成寺物と呼ばれる古典芸能を映像で紹介する。 小野
3 2013/06/29 世界遺産「熊野」の景観を紐解く~文化的景観と多様性を探る~ 高野・熊野・吉野大峰の三つの霊場とそこに繋がる参詣道が世界遺産に登録され、紀伊半島を舞台にした壮大な信仰の文化は、いかに発生し成長し展開しているのか。世界遺産としての価値を多様性と文化的景観の視点で探る。 速水
4 2013/07/13 起死回生 説経節・小栗判官 口承芸能「小栗判官と照手姫」物語。信不信を選ばず浄不浄を嫌わず、魂の浄化・再生・救済の聖地を舞台に、ラブストーリーでありながらも九死に一生、死から生への物語を通し熊野の持つ魅力をより深めてみたい。 安井
5 2013/07/27 熊野参詣曼荼羅の世界を絵解く 戦国時代から庶民に絵解きをしながら熊野信仰の布教と勧進を展開した熊野比丘尼。熊野をこよなく愛する師が熊野比丘尼に扮し「曼荼羅」をキーワードに絵解きの世界へと誘う。 山本

教材

レジュメ資料

講師紹介

林 雅彦 (ハヤシ マサヒコ)
コーディネータ、明治大学名誉教授
1944年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。専攻は説話文学・絵解き、アジアの宗教民俗学。単著・共著・編著に『日本の絵解き―資料と研究』、『絵解きの東漸』、『日本における民衆と宗教』、『「生と死」の東西文化史』『唱導文化の比較研究』など多数。絵解き研究で第6回日本古典文学会賞受賞。説話文学会代表委員、国際熊野学会代表委員を歴任。新宮市市政功労者。

山本 殖生 (ヤマモト シゲオ)
熊野三山協議会幹事
1949年新宮市生まれ。新宮市教育委員会学芸員を経て、現在、和歌山大学非常勤講師。国際熊野学会熊野事務局長、日本山岳修験学会理事、日本宗教民俗学会委員。著書に『世界遺産“川の参詣道”熊野川の魅力』『熊野八咫烏』、共著に『熊野比丘尼を絵解く』、編著書に『熊野本願所史料』『熊野参詣道調査報告書―新宮市域を中心に―』など。

速水 盛康 (ハヤミ シゲヤス)
新宮市熊野学研究委員
1957年生まれ。
1982年中学校教員に採用。2005年和歌山県教育庁涯学習局
文化遺産課主任、和歌山県世界遺産センター勤務。
その間、世界遺産の普遍的価値、保存のあり方について各地で
積極的な発信(講演)活動を行う。熊野学にも携わり、現在、新宮
市立緑丘中学校校長

小野 俊成 (オノ シュンジョウ)
道成寺住職
1962年生まれ。
広島大学大学院文学修士。道成寺で毎年3000回以上行われて
いる絵解きのうち、1000回以上を担当。絵解き歴25年。
国立能楽堂、ワシントン・ナショナルギャラリー(英語)等でも絵解き
を実演。2012年住職就任。

安井 理夫 (ヤスイ タダオ)
小栗フォーラム会員 湯峰小栗会会長
熊野本宮語り部の会会員
1935年生まれ。
1991年全国の仲間と「小栗フォーラム」を立上げ「小栗判官物語」
の研究に取り組む。その間、全国の小栗判官物語ゆかりの地を歩き、
「小栗サミット」の開催も13回を数える。文化継承に努め、「小栗判官
物語」を伝え残す活動を日々続けている。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ