13210005 『孫子』に学ぶ ―孫正義の「孫の二乗の兵法」を手がかりに―

講座終了

講座概要

講座番号 13210005
期間 2013年10月16日 ~ 2013年11月20日
回数 6回
曜日
時間 19:00~20:30
定員 30名
通常会員料金 20,000円
明大カード・福利厚生会員料金 18,000円
学生・生徒・教職員会員料金 10,000円
法人会員料金 16,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
ビジネス・アドミニストレーション
1 AP

講座趣旨

【講師からのメッセージ】
『孫子』は、社会現象として存在する危険・危機・戦争などの人為的な災厄から、個人・地域コミュニティ・国家が自身を保全し、生き残るための知恵を集大成した箴言の書である。農業社会に生まれた『孫子』は、工業社会を経由して、グローバル化し、情報化した現代社会においても、なお有効かつ有用であるのであろうか?たとえば、本講座では、ソフトバンク・グループの総帥・孫正義が、25・26歳の頃に創作した「孫の二乗の兵法」などにも触れつつ、『孫子』十三篇を、読みほぐし、学びほぐしながら、これらの問いに迫りたい。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2013/10/16 『孫子』の成立経緯と基本構造杉   杉之尾
2 2013/10/23 「始計篇」の「五事・七計」   杉之尾
3 2013/10/30 「孫の二乗の兵法」の「頂・情・略・七・闘」、「一・流・攻・守・群」   杉之尾
4 2013/11/06 「将とは、智・信・仁・勇・厳」   杉之尾
5 2013/11/13 「『孫子』の新発見」   西田
6 2013/11/27 『孫子』と現代―孫正義・「孫の二乗の兵法」から   杉之尾
藤江

教材

パンフレットでお知らせいたしておりました、杉之尾宜生編著『戦略論大系①孫子』第2刷、芙蓉書房出版、2004年でございますが
現在入手が困難なため、配布資料で対応させていただきます。ご了承ください。

▼参考図書
『戦略古典の本質 孫子がわかれば、中国がわかる』(ダイヤモンド社)
『面白いほどよくわかる孫子の兵法』(日本文芸社)

講師紹介

藤江 昌嗣 (フジエ マサツグ)
コーディネータ、明治大学経営学部教授・京都大学博士(経済学)、戦略研究学会会長、MOSマネジメント・オブ・ サスティナビリティ研究所 所長
1978年京都大学経済学部卒業、民間企業勤務後、神戸大学大学院を経て、1984年岩手大学人文社会科学部専任講師、1987年東京農工大学農学部助教授、1992年明治大学助教授、翌年教授、現在に至る。明治大学前副学長、戦略研究学会 会長、MOSマネジメント・オブ・サスティナビリティ研究所所長、単著『新ビジネス・スタティスティクス』(冨山房インターナショナル)、共著『地域ブランドのコンテクストデザイン』他

杉之尾 宜生 (スギノオ ヨシオ)
戦史研究家、元防衛大学校教授(戦史・戦略)
1959年 防衛大学校を卒業後、1989年 陸上自衛隊第7戦車大隊(現・第71戦車連隊)、第7偵察隊、中央調査隊、第1偵察隊、中央資料隊勤務を経て、1等陸佐に。2001年退官後は、防衛研修所戦史部、防衛大学校助教授及び同校教授(戦史、戦略)を務め、現在に至る。著書『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』『撤退の研究 時機を得た戦略の転換』他。

西田 陽一 (ニシダ ヨウイチ)
実業家、作家、防衛大学校講師(部外) 航空自衛隊幹部学校講師、陸上自衛隊幹部学校講師、海上自衛隊講師
2006年 ワシントン州立大学経済学部卒業後、(株)陽雄を設立。
共著共訳等に『米陸軍戦略大学校テキスト 孫子とクラウゼヴィッツ』(2012年 日本経済新聞出版社) 『戦略古典の本質 孫子がわかれば、中国がわかる』(2013年 ダイヤモンド社)など。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ