16170018 CMソングは時代とともに コマーシャルソングの作り方—CM作曲家の仕事—

講座終了

講座概要

講座番号 16170018
期間 2016年4月23日
回数 1回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 400名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス 中野キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

CMソングを聞くとあの時代を思い出す…。CMソングが登場して60年、CMソングはその時代を象徴する存在となっています。講師の高橋千佳子先生は、東京芸術大学をはじめ、都内の数多くの音楽大学で教鞭をとっておられますが、実はベテランのCM作曲家でもいらっしゃいます。1970年代中期から現在まで、キッコーマン「ぽん酢しょうゆ」やサントリー「山崎」「白州」など、数多くのCM音楽を手がけてこられました。そのご経験から、CM音楽作曲の楽しみや作曲時のエピソードをお話しいただき、またCM歴史上欠かせない三木鶏郎の懐かしいCMソングの音楽的な分析なども加え、ピアノを弾いて(皆さんも一緒に?)歌いながら、楽しくレクチャーしていただきます。

特記事項

【後援】中野区
【特別協力】山崎 信英(CM音楽プロデューサー)

【申込方法】事前予約制となります(全席自由、先着400名)。
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423

■この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■会場:明治大学 中野キャンパス 5階ホール
※中野キャンパスは、JR「中野」徒歩8分。
■開場:14:30


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2016/04/23 CMソングは時代とともに コマーシャルソングの作り方—CM作曲家の仕事— 高橋

講師紹介

高橋 千佳子 (タカハシ チカコ)
作曲家、東京芸術大学・東京音楽大学・国立音楽大学・日本大学等講師
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院ソルフェージュ科修了。成城ソルフェージュ研究会代表、日本ソルフェージュ研究協議会理事。日本広告音楽評議会(JAM)特別会員。CM音楽の作品多数。最近作ではサントリー「山崎」「白州」、花王「アジエンス」など。映画、テレビドラマの作曲、CD制作にも携わる。

伊藤 真弓 (イトウ マユミ)
コーディネータ、明治大学法学部准教授
19世紀末におけるドイツ語圏文化、ルーマニア文化を研究対象とし、同時に広く文化と社会の関係に関心を持つ。明治大学ルーマニア文化研究所代表。リバティアカデミー講座では、在日ルーマニア大使館との共催講座「ルーマニアの文化に親しむ」(2009-2010)/「ルーマニアの魅力」(2015-2018春期)、「オープン講座・バグパイプの魅力」(2013後期)、「テレビCMとその時代」(2013-2016春期/2017-18秋期)、「日本のフォークソングとその時代」(2013-2014秋期)、「1960年代から1980年代の日本の大衆音楽を語る」(2015秋期)等のコーディネータを担当。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ