16270019 シェイクスピアと音楽 Part2 シェイクスピアの舞台で流れたメロディに耳を傾けよう

講座終了

講座概要

講座番号 16270019
期間 2016年10月14日
回数 1回
曜日
時間 18:30~20:00
定員 400名
リバティアカデミー会員料金 1,000円
一般料金 1,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

シェイクスピア没後400年にあたる今年、シェイクスピア時代にシェイクスピアの舞台で演奏されていた音楽を鑑賞することで、改めてシェイクスピアという劇作家について理解を深めるためのひとつの入り口としたい。
なお、一昨年、シェイクスピア生誕450周年を記念して、第1弾を企画、好評を博した。今回はその続編として、前回の内容をさらに増幅させてお届けします。

特記事項

■この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■受講料は、事前にお支払が必要です。

■会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー1階 リバティホール
※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水駅」徒歩3分、丸ノ内線「御茶ノ水駅」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町駅」徒歩5分です。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

■開場 18:00

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2016/10/14 シェイクスピアと音楽 Part2   井上、中島、田村

講師紹介

井上 優 (イノウエ マサル)
明治大学文学部准教授
西洋演劇研究・演劇理論研究。訳書に『シェイクスピア映画論』、共著書に『演劇の課題』など。

中島 万紀子 (ナカジマ マキコ)
アマチュア声楽家,早稲田大学文学学術院非常勤講師
昴教育研究所フランス語講師。著書に『大学1・2年生のためのすぐわかるフランス語』(東京図書)、訳書にレーモン・クノー著『サリー・マーラ全集』(水声社)などがある。

田村 仁良 (タムラ ヨシフミ)
リュート奏者
リュート及び通奏低音奏法を水戸茂雄、永田平八、A.ルーリーの各氏に師事。ルネサンス・イギリス黄金期のリュート音楽を中心に演奏活動を行うほか、古典舞踏や歌曲の伴奏、数々のアンサンブルの専属リューティストとして活躍。TV、FM放送にも演奏出演している。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ