17120057 ルーマニアの魅力Ⅲ  

講座終了

講座概要

講座番号 17120057
期間 2017年5月13日 ~ 2017年7月22日
回数 5回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 30名
通常会員料金 12,000円
明大カード・福利厚生会員料金 10,800円
学生・生徒・教職員会員料金 6,000円
法人会員料金 9,600円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP

講座趣旨

東欧に位置する、古き良きヨーロッパが息づく国、ルーマニア。在日ルーマニア大使館の協力のもとにルーマニアの魅力をお伝えする本講座も、3期目を迎えました。ルーマニアは、首都ブカレストのような近代的な大都市がある一方で、ドラキュラ伝説に彩られた古城、静かに佇む古い修道院(世界遺産)、中世ヨーロッパの面影が残る町並みなどがあり、汲み尽くせぬ魅力のある国です。豊かな自然に恵まれたルーマニアの人々は、昔から自然と共に生きることを大切にし、伝統行事、芸術、食文化など、様々なもののなかに自然の力が息づいています。今期は、都市の文化紹介に加えて、ルーマニアの今と昔、近代以降の歴史や日本との関係に焦点を当て、元駐ルーマニア日本大使の杉内先生にも加わっていただき、ルーマニアの魅力に迫りたいと思います。日本ではまだ十分に知られていないルーマニアの文化や歴史について理解を深め、新たな文化を知る楽しみを皆さんと共有できればと思います。

特記事項

【共催】在日ルーマニア大使館 【協力】明治大学ルーマニア文化研究所

※最終講義では、実際にルーマニアの食文化を知るティー・パーティー有り。(別途参加費は不要です。)




( シナイアのペレシュ城 / ワイン畑と民族衣装 / ブラン城と「ドラキュラ」のモデル・ヴラド公)


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2017/05/13 ルーマニアの文化都市-ヤシ/シナイア/コンスタンツァ モルドバ公国の首都であったヤシ、ルーマニアで一番美しい城・ペレシュ城のあるシナイア、古代ギリシャとローマ帝国の植民地で2000年以上の歴史があるコンスタンツァについて説明しながら、ルーマニアの歴史・文化の面白さを紹介します。 シルヴィア
2 2017/05/27 ルーマニアの神話と物語―ドラキュラから民話まで― 民話・民謡など伝承が豊富なルーマニア。「ドイナ」(悲歌)、「バスム」(おとぎ噺)、「レジェンダ」(民間伝説)等の特徴を概観し、ルーマニア文学の真髄に迫ります。後半に、吸血鬼ドラキュラの物語を掘り下げます。 ロマン
3 2017/06/10 ルーマニアの音楽・映画・ファッション ルーマニアのさまざまなジャンルの音楽やカンヌ受賞映画、ファッションを概説します。 川上
4 2017/07/01 革命後のルーマニア-EU加盟から現在-/日本の視点から見たルーマニア 第二次世界大戦後のルーマニアにおいて最も重要な転換点は1989年の革命でした。共産主義国から突然民主主義国となったルーマニアの近現代を概観し、さらに日本との外交関係等について元駐ルーマニア大使の杉内先生からお話をいただきます。 シルヴィア・杉内
5 2017/07/22 ルーマニアの食文化 講座の後半ではティー・パーティーを行いながら講座を振り返りたいと思います。ルーマニア大使館より飲み物等が提供される予定です。 全員

教材

レジュメ資料

講師紹介

伊藤 真弓 (イトウ マユミ)
コーディネータ・明治大学法学部准教授
明治大学ルーマニア文化研究所代表。19世紀末におけるドイツ語圏の文化と社会、ルーマニア文化を研究対象とし、同時に広く文化と社会の関係に関心を持つ。リバティアカデミー講座では、「駐日ルーマニア大使館共催・ルーマニアの文化に親しむ」(2009-2010)、「オープン講座・バグパイプの魅力」(2013年度後期)、「テレビCMとその時代Ⅰ・Ⅱ」(2013/2014年度前期・中野キャンパス)、「日本のフォークソングとその時代Ⅰ・Ⅱ」(2013/2014年度後期・中野キャンパス)等のコーディネータを担当。

Silvia CHERCHEAZA (シルヴィア チェルケァザ)
在日ルーマニア大使館 大使秘書
私立ヒュペリオン大学(ブカレスト)外国語学部日本語・ルーマニア語学科卒。2005年に愛知万博(ルーマニア館)に参加。2005年~2006年、大阪外国語大学(現・大阪大学)日本語・日本文化コースに文部科学省奨学生として留学。2007年7月より現職。日本語、英語、堪能。

Roman PAȘCA (ロマン パシュカ)
神田外語大学日本研究所専任講師
2002年ブカレスト大学外国語学部卒業。ブカレスト大学外国語学部博士課程終了。文献学博士。ブカレスト大学外国語学部講師、ブカレスト大学日本研究センター事務長、ルーマニア日本語教師会会長などを経て、2015年から現職。著書に初級者向け日本語教材『日本語を勉強しよう!』(EUB)。翻訳家としても活躍し、数多くの日本文学作品をルーマニア語訳で出版。

川上・ L・れい子 (カワカミ レイコ)
ルーマニア観光局公認アドバイザー/明治大学ルーマニア文化研究所客員研究員
慶應義塾大学文学部卒。英・伊・ルーマニアと海外生活10年。その間、外資系企業勤務の傍ら、現地情報を提供。ニュースサト・機内誌等に執筆、大使館その他において広く文化についての講師を担当、ワイン会の企画も行う。共著に「東欧のかわいい陶器(誠文堂新光社)。ルーマニア&東欧情報ブログ"Let's go to Romania!"(URL:http://go2rumania.exblog.jp)運営。

杉内 直敏 (スギウチ ナオトシ)
元駐ルーマニア日本大使
1967年外務省に入り、本省で条約局、国際連合局、アジア太洋州局、中近東アフリカ局、外務研修所、総合外交政策局に勤務。在外ではフランス、OECD代表部、イスラエル、タイ、ソ連邦、スイスの各大使館・代表部での勤務を経てシアトル総領事(1995-97)、コスタリカ大使(1997-2000)、ルーマニア大使(2002-2006)。また、法務省入国管理局総務課長、金属鉱業事業団理事に出向あり。2006年退官。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ