17270012 神田神保町書肆街考-世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで 本の街・神保町で考える Part7

満員御礼

講座概要

講座番号 17270012
期間 2017年10月7日 ~ 2017年12月2日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 60名
リバティアカデミー会員料金 5,000円
一般料金 5,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

世界に類を見ない「本の街・神保町」はどのように成立し、魅力ある街に発展したのか。古くから多くのことが語られてきました。そうした中で、本年2月に刊行された鹿島茂著『神田神保町書肆街考-世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで』(筑摩書房)は、産業、経済、教育、飲食、住居など幅広い視野と歴史的視点で神保町の全容をとらえた壮大なドラマというべきものです。そこで本年は、本書をベースに、この街の特異性に着目し、本の街形成のエポックと、これまで余り知られることのなかった背景を紐解きます。

特記事項

【共催】本の街・神保町を元気にする会、学校法人共立女子学園、神田古書店連盟

【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着40名)
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423

■この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■受講料は、事前にお支払が必要です。

■会場:明治大学 駿河台キャンパス
※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水駅」徒歩3分、丸ノ内線「御茶ノ水駅」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町駅」徒歩5分です。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。



昭和12年のすずらん通り入口と三省堂書店(レオマカラズヤ木内武郷氏提供)


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2017/10/07 「本の街」の揺籃 坪内逍遥『当世書生気質』に描かれた神保町 鹿島
2 2017/10/21 神保町のヌーヴェル・ヴァーグ 有斐閣、三省堂書店、小野梓と東洋館書店、冨山房、東京堂書店、岩波書店 鹿島
3 2017/11/04 神田の大火、関東大震災と古書肆街の形成 越後長岡人脈、古本屋の学校一誠堂の卒業生たち、反町茂雄の存在感 鹿島
4 2017/11/18 失われたフレンチ・クォーター 神保町のフランス的要素、二つの三才社の謎、中也・安吾も通ったアテネ・フランセ 鹿島
5 2017/12/02 小出版社へのオマージュ 伊達得夫の書肆ユリイカ、森谷均の昭森社、小田久郎の思潮社、喫茶店兼酒場らんぼう 鹿島

講師紹介

鹿島 茂 (カシマ シゲル)
明治大学国際日本学部教授
19世紀フランスを専門とし、バルザック、ゾラ、ユーゴーらを題材にしたエッセイで知られるが、その他にも幅広い分野での評論活動を行っている。古書マニア(19世紀フランスの希覯書が主な対象)としても有名で、猫好きでもある。

飯澤 文夫 (イイザワ フミオ)
コーディネータ、明治大学大学史資料センター研究調査員
明治大学元学術社会連携部長。2000~04年までリバティアカデミーで、八木福次郎氏(元現日本古書通信社総監修)と東京都古書籍商業協同組合神田支部の協力を得て公開講座「古書の世界」を企画。2011年から本の街神保町を元気にする会と共催の本の街・神保町で考えるコーディネータ。

満員御礼

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ