18170007 2020東京オリンピックとスポーツクラブ ―過激になる運動部活との関連で―

申込はこちら

講座概要

講座番号 18170007
期間 2018年6月9日
回数 2回
曜日
時間 13:00~15:00
定員 60名
リバティアカデミー会員料金 1,000円
一般料金 1,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

2020東京オリンピック・パラリンピックを控えて、文科省のスポーツ予算は333億9311万円で、その内訳は東京五輪競技会に向けた準備のための161億900万円、スポーツ施策の総合予算は2億6552万円(総予算の0.8%)である。東京オリ・パラ招致の意義は、日本の競技力向上、メダル獲得のみにあるのではなく、未来を担う青少年のために、体育・スポーツを通じて、「オリンピズム」という、ナショナルなものを超えた国際教育と平和教育を充実することにもある。この講座では、暴力、いじめ、スポーツ事故、勝利至上主義、運動部における自治的・民主的運営の不全、等々の多くの問題が発生している運動部活動に焦点を当て、東京オリンピック・パラリンピック招致が何をもたらすことができ、何を変えることができるのかを検討してゆきたい。

特記事項

【後援】千代田区

【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着60名)
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

■ この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけ
ます。※ただし、会員になることはできません。

■受講料は、事前にお支払いが必要です。受付の際に『受講のご案内』をご提示ください。

■会場:明治大学 駿河台キャンパス
※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水」徒歩3分、丸の内線「御茶ノ水」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町」徒歩5分です。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2018/06/09 一部:基調講演(50分) 運動部活は、誰のため、何のため 神谷
2 2018/06/09 二部:パネルディスカッション(60分)   阿部、関、秋本、中小路

講師紹介

神谷 拓 (カミヤ タク)
宮城教育大学准教授
宮城教育大学准教授、1975年生。茨城県出身。中京大学体育学部、和歌山大学大学院教育学研究科を経て、筑波大学大学院人間総合科学研究を修了。博士(教育学)。2007年に岐阜経済大学専任講師に採用、准教授を経て、2011年より現職。2017年より日本体育科教育学会理事、日本部活動学会副会長。著書に『運動部活動の教育学入門―歴史とのダイアローグ―』(大修館書店)、『生徒が自分たちで強くなる部活動指導―「体罰」「強制」に頼らない新しい部活づくり』(明治図書)、『対話でつくる教科外の体育』(学事出版)がある。

阿部 生雄 (アベ イクオ)
筑波大学名誉教授、東京学芸大学非常勤講師(教育学博士)
1945年生まれ。1968年東京教育大学体育学部体育学科卒業、1972年東京教育大学大学院教育学研究科修了。宇都宮大学教育部助教授、東京学芸大学教育学部助教授、筑波大学体育科学系教授を経て、2015年から東京学芸大学非常勤講師。

関 春南 (セキ ハルナミ)
一橋大学名誉教授
1937年生。東京教育大学卒業。同大学院体育学研究科修士課程体育学原論専攻終了。一橋大学で博士号(社会学)取得。一橋大学社会学部教授、ドイツ・ケルン・スポーツ大学客員研究員、現代社会体育研究会会長等歴任。現在、一橋大学名誉教授。専門
は、スポーツ社会学、スポーツ政策論。著書、「戦後日本のスポーツ政策―その構造と展開」大修館書店。共編書「スポーツは誰のために」など。現在は、スポーツの「勝利至上主義」に強い関心を抱き分析を進めている。

秋本 信孝 (アキモト ノブタカ)
元千葉県高校教員
1968年東京教育大学体育学部卒。千葉県立高校(佐原、薬園台、関宿)など6校で教諭を38年。その間現職のまま筑波大学大学院修士課程修了(昼間は高校で勤務)。県高体連定通専門部元事務局長、学校体育研究同志会会員。2006年定年退職。

中小路 徹 (ナカコウジ トオル)
朝日新聞編集委員
1968年東京都生まれ。京都大学文学部卒業。1991年、朝日新聞社入社。主にスポーツ部でサッカーなどを担当し、日韓W杯時はソウル支局に駐在。デスクを経て、2015年から現職。主に、スポーツにおける事故防止、体罰・ハラスメント問題のほか、東京五輪のレガシーなど、競技を横断した各テーマを取材している。

寺島 善一 (テラシマ ゼンイチ)
明治大学名誉教授、コーディネータ
1964東京教育大学入学。1968年名古屋学院大学助手を経て専任講師。1974年明治大学専任講師。1982~1983年West London Insutitute of HighterEducation(現Burunel Univ.・英国)客員研究員。1984年明治大学教授。1998年 St.Mary’s University(英国)客員教授。著書・共著『リベラルアーツと大学の「自由化」』 (明石書店、2005年)他。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ