18120027 日本人の魂の古層を探る カミとホトケ

講座終了

講座概要

講座番号 18120027
期間 2018年4月25日 ~ 2018年7月25日
回数 7回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 40名
通常会員料金 20,000円
明大カード・福利厚生会員料金 18,000円
学生・生徒・教職員会員料金 10,000円
法人会員料金 16,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP

講座趣旨

今の世界を見れば、現代文明を生み出してきた父性原理があちこちで綻び、欲望が野放しになるにつれ、格差を生み憎しみや不安、生きがいの喪失など様々な不条理が噴き出しています。むしろ律令制の始めから、その中央の動きに抵抗し、取り残された周縁の文化の中にこそ、日本が経済大国から文化大国へ歩む未来の道筋が見えてくるように思います。
この講座は、日本人が培ってきた魂の古層をとおして、閉塞した日本文化のパラダイム変換を模索するものです。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2018/04/25 やまとことばの人間学   金山
2 2018/05/16 命の水ー白山信仰よりー   若宮
3 2018/05/30 150年後から見る神仏分離の真相   丹生
4 2018/06/13 神はほとけ その2   中沢
5 2018/06/27 宮沢賢治と動物   岩野
6 2018/07/11 魂の循環思想  
7 2018/07/25 日本文化の底層   飛岡

教材

配付資料

講師紹介

金山 秋男 (カネヤマ アキオ)
明治大学名誉教授、明治大学死生学・基層文化研究所代表
1948年栃木県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。専攻は死生学、宗教民俗学。著書に『歎異抄』、共著に『「生と死」の図像学』、『古典にみる日本人の生と死』など。現在、明治大学野生の科学研究所副所長、明治大学死生学・基層文化研究所代表、国際熊野学会副代表。

若宮 多門 (ワカミヤ タモン)
長滝白山神社宮司
白山美濃馬場の中心である長滝白山神社の第40代宮司。

丹生 晃市 (ニュウ コウイチ)
丹生都比売神社宮司
東京生まれ。國學院大学文学部神道学科卒業。神社本庁に勤務。昭和60年から丹生都比売神社権禰宜兼務を経て、平成18年宮司就任。日本人の誇るべき宗教の融和の精神や、自然との共存の精神、異なる文化を受け入れる柔軟性から、神と仏が融和した、日本人の祈りの原点について、講演等多数。

中沢 新一 (ナカザワ シンイチ)
明治大学研究・知財戦略機構特任教授、野生の科学研究所所長
1950年山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士過程満期退学。チベットで仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓する。著書に『チベットのモーツァルト』、『森のバロック』、『フィロソフィア・ヤポニカ』、『アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』シリーズ、『芸術人類学』、『野生の科学』、『大阪アースダイバー』ほか多数。第26回南方熊楠賞(人文の部)受賞。近著に『虎山に入る』、『熊を夢見る』(共に角川書店)、『アースダイバー 東京の聖地』がある。

岩野 卓司 (イワノ タクジ)
明治大学大学院教養デザイン研究科長・明治大学法学部教授
現代フランスの思想から、精神分析、現象学、宗教哲学までを研究対象としています。また、料理や衣服のような日常的なものについても哲学的関心があります。フランス留学時代は、パリの屋根裏部屋で貧乏生活をしていました。著訳書:『ジョルジュ・バタイユ -神秘経験をめぐる思想の限界と新たなる可能性-』(2010)、ラクシモヴ、『失われたパリを求めて -マルセル・プルーストが生きた街』(春風社)(共訳)(2010)

堀 信行 (ホリ ノブユキ)
東京都立大学(首都大学東京)名誉教授
1943年生まれ。広島大学教育学部卒。東京都立大学理学部地理学科助手。広島大学総合科学部講師・助教授。東京都立大学理学部助教授・教授。2007年退職後、奈良大学文學部地理学科教授。2014年退職。専門は自然地理学、環境地理学。おもな研究地域は日本、アフリカ、南太平洋でサンゴ礁地形や自然景観の環境変化史の研究をする一方、人間と自然の関係史を軸に景観論や風土論を展開。

飛岡 健 (トビオカ ケン)
人間と科学の研究所代表取締役社長、金沢工業大学客員教授

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ