18270010 【明治大学金融紫紺会寄付講座】中央銀行とデジタル通貨 ~ブロックチェーンのユースケースの今を知る~

講座終了

講座概要

講座番号 18270010
期間 2018年11月30日
回数 1回
曜日
時間 19:00~21:00
定員 400名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

現在世界の様々なライフサイクルサポートシステムを革新する可能性を持つとされ、世界各国で研究開発が推進されている「ブロックチェーン」。
金融サービスの分野でも、ハイパーレジャー、コルダ、クォラム等のブロックチェーン技術が台頭し、その応用可能性を巡って、様々な研究や実務的検討が進められている。
中央銀行界においても、金融のデジタル化に即した通貨のあり方や、いわゆる「デジタル通貨」の発行を含めた未来の中央銀行のあり方に関する議論が行われている。
世界各地で進められているブロックチェーンのユースケースの最新事例を紹介しながら、キャッシュレス化が進む下での通貨の役割についても紐解いていく。

特記事項

【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着400名)
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

■リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外でも受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー1階 リバティホール
※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水」徒歩3分、丸の内線「御茶ノ水」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町」徒歩5分です。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

■開場:18:30予定


◆(御参考)Meiji.net◆
2018年8月8日小早川先生寄稿:「紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?」
〔「Meiji.net」:明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト〕



(写真:日本銀行本店)


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2018/11/30 中央銀行とデジタル通貨 ~ブロックチェーンのユースケースの今を知る~   小早川

講師紹介

小早川 周司 (コバヤカワ シュウジ)
明治大学政治経済学部准教授
一橋大学経済学部卒業後、英オクスフォード大学にて経済学修士号(M.Phil.)、博士号(D.Phil.)を取得。
日本銀行ニューヨーク事務所、経済協力開発機構(OECD)出向、企画局参事役等を経て、14年から決済機構局参事役を歴任。
この間に、BIS決済・市場インフラ委員会傘下のリテール決済部会、デジタル・イノベーション部会等のメンバーを務め、『中央銀行デジタル通貨』報告書等の執筆を担当。2018年より現職。

森宮 康 (モリミヤ ヤスシ)
コーディネータ、明治大学名誉教授・博士(商学)
明治大学商学部卒業後、商学部教授として商学部長及び学校法人明治大学教務担当常勤理事の役職を務め、学外ではリスクマネジメント対策検討委員会委員長(日本情報処理開発協会、現、日本情報経済社会推進協会)、リスクファイナンス研究会座長(経済産業省)、リスクマネジメント規格国内委員会委員長(日本規格協会)等を歴任、学会活動としては日本保険学会理事長、システム監査学会会長、日本リスク研究学会理事、Asia-Pacific Risk and Insurance Association会長を務め、現在、明治大学名誉教授、博士(商学)。明治大学金融紫紺会会長。著書には、リスクマネジメント論等がある。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ