19120023 歴史に学ぶ人間力シリーズ  

受付終了

講座概要

講座番号 19120023
期間 2019年7月20日 ~ 2019年11月16日
回数 5回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 30名
通常会員料金 15,000円
明大カード・福利厚生会員料金 13,500円
学生・生徒・教職員会員料金 7,500円
法人会員料金 12,000円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP

講座趣旨

いつの時代にも、歴史に名を残したリーダーたちが存在しました。そのような人たちは、時代が違っても、民衆に訴える力を持っていました。そしてその何かが家臣を先導し、民衆の心をとらえていったのです。民衆の心にアピールするものがなければ、民衆は離れていってしまったことは間違いありません。その民衆の心に訴えていったものとは何でしょうか?それは、人を動かすことのできる力、すなわち「人間力」でした。このシリーズでは、時代を戦った人物をとりあげ、講師独自の視点でその人物の「人間力」を分析します。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2019/07/20 保科正之の決断 4代将軍家綱の輔弼役として生涯徳川家を支えていた正之ですが、娘の毒殺事件に一大決断を下したのです。  
2 2019/08/24 押込の構図 藩主が家臣に押込られた事例(岡崎藩・黒羽藩)を紹介し、その原因の本質を追求します。  
3 2019/09/21 対馬府中藩の魂胆 対馬藩は、朝鮮貿易による歴史がありました。そこには、生き延びるための幕府への魂胆がありました。  
4 2019/10/19 最も小さい藩の最も大きな憂鬱 喜連川藩は、5千石でありながら大きな役割のある大名でした。一方その歴代藩主は、金欠対策に悩み続けたのです。  
5 2019/11/16 小松帯刀の秘策 小松帯刀は、城代家老として坂本龍馬・西郷隆盛等を支援しました。そこには、危機を乗り切るための秘策がありました。  

教材

配付資料

講師紹介

佐藤 敏彦 (サトウ トシヒコ)
(株)パスエイド代表取締役、歴史研究家
横浜国立大学経営学部卒業後、日立金属㈱に入社。その後日立グループに転属し、35年勤務の後㈱日立情報制御ソリューションズを退職する。在職35年のうち30年を人事教育に従事。現在は企業・行政・団体等で研修講師を務める一方、生涯教育にも力を注いでいる。

受付終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ