19220045 20世紀の日本の思想家と中国の思想家 明大文学部心理社会学科哲学専攻講座 vol.3

開講中止

講座概要

講座番号 19220045
期間 2019年10月3日 ~ 2019年10月31日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 20名
通常会員料金 11,500円(税別)
明大カード・福利厚生会員料金 10,350円(税別)
学生・生徒・教職員会員料金 5,750円(税別)
法人会員料金 9,200円(税別)
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP

講座趣旨

西洋の学術の移入は、日本でも中国でも知のあり方を大きく変えました。とりわけ哲学は、西周(にし・あまね)によって「諸学の上たる学」と位置づけられ、新しい学術体系の要となる位置を与えられ、それまでの儒学とは性格を異にするものととらえられました。Philosophyを翻訳するのに「哲学」という新しいことばを作ったのが他ならぬ西周です。「哲学」は大学の科目名などとしても採用され、やがて東アジア共通の言葉となります。本講座では、この哲学という学問をめぐって、20世紀前半に日本と中国でどのような議論がなされたのかを解説します。日本と中国の両方の状況を見ることで、哲学にどのような意味が込められたのか、どのような可能性があるのかを、より広い視点から、より深く考えることができるはずです。

特記事項

明大文学部心理社会学科哲学専攻講座 vol.3

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2019/10/03 西周と厳復 西洋の学問の移植に貢献した西周と厳復を比較し、両者にとっての哲学の意味を考えます。 志野
2 2019/10/10 田岡嶺雲と王国維 田岡嶺雲に啓発された初期王国維の思想を紹介しつつ、哲学の価値について考えます。 志野
3 2019/10/17 新渡戸稲造と梁啓超 新渡戸稲造と梁啓超がなぜ武士道を称賛したのかを、キリスト教道徳との関連で考えます。 志野
4 2019/10/24 鈴木大拙と胡適 禅をめぐって論争した鈴木大拙と胡適を比較し、両者にとっての哲学の意味を考えます。 志野
5 2019/10/31 和辻哲郎と洪耀勲 戦前の日本で哲学を学んだ洪耀勲が、和辻哲郎の「風土」をどう理解したのかを考えます。 志野

教材

配付資料

講師紹介

志野 好伸 (シノ ヨシノブ)
明治大学文学部教授
2001年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。2003年明治大学文学部専任講師、2008年から明治大学文学部准教授。2010年~ 2012年、フランス社会科学高等研究院近現代中国研究センター訪問研究員を務める。主な研究テーマは近現代中国における西洋哲学受容、日中比較思想。共著に『聖と狂』(法政大学出版局)、共訳書にF. ジュアン『道徳を基礎づける』(講談社学術文庫)、A.チャン『中国思想史』(知泉書館)ほか。

開講中止

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ