19210007 コトラーの最新マーケティングを学ぶ ・・・マーケティングの未来と日本の新たな活路を見つけ出そう

申込はこちら

講座概要

講座番号 19210007
期間 2019年11月14日 ~ 2020年1月23日
回数 8回
曜日
時間 19:00~21:00
定員 15名
通常会員料金 29,000円(税別)
明大カード・福利厚生会員料金 26,100円(税別)
学生・生徒・教職員会員料金 14,500円(税別)
法人会員料金 23,200円(税別)
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
ビジネス・アドミニストレーション
2 AP

講座趣旨

今回の講座では、コトラーが日本人向けに書いたマーケティングの書物を読んでいきましょう。本書のはじめに「本書は、日本人の読者のために制作した、日本だけで発売する書籍である」とされています。本書は、コトラーの唱えてきたさまざまな視点からのマーケティングを分かりやすく、しかも日本を視点に取り入れ、やさしく解説しています。
さらに、本書は、そもそもマーケティングとは何か、それはどのように変遷を遂げ、どこまで進化したのか、日本企業はマーケティングをどこまで活用しているのかに答えることを目的としています。
マーケティングをこれから学ぼうとしている人、すでに十分マーケティングの知識はあるが最新のマーケティングを学びたい人、さらには現実にマーケティング問題を抱えている人などマーケティングに関心のある人にやさしく解決の扉を開いてくれる書物です。
皆さんとマーケティングの楽しいジャーニーに出かけましょう。

特記事項

【ジャンル】マーケティング
【講義レベル】応用


■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2019/11/14 コトラーのマーケティングと我が国のマーケティング    
2 2019/11/21 「ソーシャル・マーケティング」    
3 2019/12/05 「マーケティング3.0」    
4 2019/12/12 「マーケティング4.0」    
5 2019/12/19 「コトラー流資本主義」    
6 2020/01/09 「不透明な時代の人生戦略」    
7 2020/01/16 「コトラーが影響を受けたドラッカーとのつながり」    
8 2020/01/23 「これからの世界での日本の価値」    

教材

フィリップ・コトラー著、大野和基 訳『コトラー マーケティングの未来と日本』(KADOKAWA)
※教材は、受講料に含まれます。

講師紹介

井上 崇通 (イノウエ タカミチ)
明治大学商学部教授
専門はマーケティング戦略論、消費者行動論等、「企業と消費者の価値共創」、「消費者心理」、「戦略的マーケティング」をテーマに研究、主著に「消費者行動論」(同文舘)、「サービス・ドミナント・ロジック」(同文舘)等、企業研修・指導、各種資格試験出題委員等幅広く活動。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ