【オープン講座】新藤兼人の描く反原子力・再考

明治大学専任教授連合会共催

講座終了

講座概要

講座番号 12170006
期間 2012年4月28日
回数 1回
曜日
時間 13:00~17:00
定員 400名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

新藤兼人氏(1912-)は日本における現役最高齢の監督として知られている。2012年も、最新作『一枚のハガキ』を完成させたことで話題となった。
氏は、そもそも広島に生まれたこともあり、映画において積極的に反核の問題を取り上げてきたことでも知られている。
改めて日本における原子力問題についての再考を求められている現在、新藤氏の足跡を改めて辿り、彼のメッセージを再認識することの意義は非常に大きいと思われる。
構成としては、第一部として新藤監督の反核映画『第五福竜丸』(1959)を上映し、休憩後、新藤氏の息子であり、氏をプロデューサーの立場で支える新藤次郎氏をお招きして新藤兼人氏の映画の世界観について話を伺う。

特記事項

申込方法:事前予約制です。(全席自由、先着300名)
ホームページ、またはお電話にてお申し込み下さい。
TEL:03-3296-4423 WEB:http://academy.meiji.jp

●リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外も広く受講できます。
●受講料:無料
●お申込後、受講のご案内といった郵送物は送付されません。
●会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階リバティホール
※会場は予定です。会場に変更があった場合はお知らせいたします。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2012/04/28(土) 新藤兼人の描く反原子力・再考    

講師紹介

新藤 次郎 (シンドウ ジロウ)
株式会社近代映画協会代表取締役社長・協同組合日本映画製作者協会代表理事
1949年生まれ、神奈川県出身。1971年日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中より新藤兼人作品中心に独立プロのスチールを担当。1979年から三船プロダクションにて「大江戸捜査網」(テレビ東京)のプロデューサーを担当。1986年「ブラックボード」から近代映画協会にてプロデューサー、現在に至る。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ