19210028 非営利組織と事業評価~形成的評価のすすめ 地域社会の課題解決に取り組む事業を継続的に改善するために

開講中止

講座概要

講座番号 19210028
期間 2019年10月3日 ~ 2019年11月21日
回数 8回
曜日
時間 19:00~20:30
定員 20名
通常会員料金 34,100円
明大カード・福利厚生会員料金 30,690円
学生・生徒・教職員会員料金 17,050円
法人会員料金 27,280円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
ビジネス・アドミニストレーション
1 AP

特記事項

【ジャンル】経営・マネジメント
【講義レベル】基本


■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2019/10/03 非営利組織と評価:なぜ形成的評価なのか 非営利組織、社会セクターにおける評価の現状と課題を踏まえ、形成的評価の意義とその活用について学ぶ 今田
2 2019/10/10 評価の基礎概念 評価の歴史、評価理論、評価の目的・使い道、評価5階層等、評価に関する基礎概念を学ぶ 西出
3 2019/10/17 評価対象プログラムの構造(1) 事業の作戦構造を表すロジックモデルの演習をとおして、プログラムセオリーに対する理解を深める
4 2019/10/24 評価対象プログラムの構造(2) ロジックモデルの評価における活用方法について学ぶ
5 2019/10/31 評価の計画 形成的評価を実施するための計画の立て方(評価設問、評価デザイン・分析、指標等)について学ぶ 西出
6 2019/11/07 公共セクターのマネジメントと評価 公共セクターのマネジメントに関し、PDCAや協働の概念を踏まえた評価の活用について学ぶ 北大路
7 2019/11/14 形成的評価の実際 事例紹介をとおして、事業の形成的評価の実際について学ぶ 北大路
8 2019/11/21 まとめと質疑応答 講義で習得したことを踏まえ、現場で評価を使うための課題・方策について議論する 北大路
西出
今田

教材

配付資料

講師紹介

源 由理子 (ミナモト ユリコ)
コーディネータ、明治大学副学長、明治大学社会連携機構長
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授。専門は評価論、社会開発論。JICA、世界銀行等で政策・事業の評価手法・制度に関する研究・実践を積む。近年は自治体、NPO等による評価実践現場を支援。文部科学省、外務省等の有識者評価委員ほか、SDGs評価、政策評価関連の研修講師を多数努める。(一財)社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ評議員。東京工業大学社会理工学研究科修了、博士(学術)。

西出 順郎 (ニシデ ジュンロウ)
明治大学専門職大学院ガバナンス研究科教授
福井県庁職員、琉球大学大学評価センター准教授、岩手県立大学総合政策学部教授を経て、現職。早稲田大学大学院公共経営研究科博士後期課程修了。学術修士(経済学)/行政学修士(いずれも米国シラキュース大学マクスウェル大学院)、博士(公共経営)。専門は、政策(行政)評価および公共(行政)経営。

北大路 信郷 (キタオオジ ノブサト)
明治大学名誉教授、(株)政策情報システム研究所 代表取締役
国際基督教大学大学院行政学研究科修了後、フィリピン共和国アテネオ・デ・マニラ大学客員講師。1977年から自治省自治大学校地方自治研究資料センター研究員。1988年静岡県立大学経営情報学部助教授を経て1990年同大学教授、1998年同大学経営情報研究科教授。静岡県庁行政専門アドバイザーとして経営システム導入を担当。2004年~2018年明治大学ガバナンス研究科教授。2018年から明治大学名誉教授。

今田 克司 (イマタ カツジ)
(一財)社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)代表理事
米国(6年)、南アフリカ(5年半)含め、市民社会強化分野でのNPOマネジメント歴25年。
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン代表取締役、一般財団法人CSOネットワーク常務理事(現在)。休眠預金等活用法における指定活用団体日本民間公益活動連携機構(JANPIA)評価アドバイザー、日本評価学会理事・研修委員長、金融庁・GSG国内諮問委員会「インパクト投資勉強会」委員、国際協力機構(JICA)事業評価外部有識者委員。

開講中止

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ