21120005 【オンデマンド】海と島々からの日本哲学史  

申込はこちら

講座概要

講座番号 21120005
期間 2021年5月11日 ~ 2021年6月15日
回数 6回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 30名
通常会員料金 13,200円
明大カード・福利厚生会員料金 13,200円
学生・生徒・教職員会員料金 13,200円
法人会員料金 13,200円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※料金は全て税込価格

講座趣旨

西田幾多郎の『善の研究』は伊波普猷の『古琉球』と同年(1911年)に出版された。のみならず、西田は「海」を哲学した人だとも言われる。西田だけではない、日本の哲学者たちは「海」を、「島々」をどのように語ったのだろうか。また、語らなかったのだろうか。西周以降の日本哲学を「海」と「島々」をキーワードに読み解くと、どうなるのだろうか。今回は、主に和辻哲郎の『風土』『鎖国』を取り上げ、その読解から、川勝平太の海洋史観を検討してみたい。

特記事項

※お申込み前に必ずオンデマンド講座ご受講にあたってをご確認ください。

■申込締切日 4月30日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

どなたも大歓迎です。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/05/11 哲学と多島海 哲学の誕生と「多島海」(エーゲ海)との関係を初めとして、哲学における「海」と「島々」について概説する 合田
2 2021/05/18 西周、井上哲次郎、西田幾多郎と「海」 「海」」という観点から、これら3名の哲学者の言説を解読する。 合田
3 2021/05/25 和辻哲郎『風土』『鎖国』を読む。 和辻の主要著作を「海」と「島々」という観点から読み直す。 合田
4 2021/06/01 和辻哲郎『風土』『鎖国』を読む。 上記の読解の継続。 合田
5 2021/06/08 川勝平太の『文明の海洋史観』を読む 川勝平太の海洋史観とブローデルの地中海論、今西錦司、梅棹忠夫の連関を考える。 合田
6 2021/06/15 多島海システム論へ向けて 川勝の理論の問題点を剔抉しながら、担当者自身の多島海論を素描する。 合田

教材

配付資料

講師紹介

合田 正人 (ゴウダ マサト)
明治大学文学部教授
1979年一橋大学社会学部卒業、その後、東京都立大学大学院、パリ第八大学大学院で哲学、フランス思想を学ぶ。1988年に『レヴィナスの思想』(弘文堂)を出版後、主にヨーロッパ哲学について著作、翻訳を世に問うている。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ