21120017 【リアルタイム】ホスピタリティの視点から、世界をめぐる Part.10 ~観光地、風景、世界遺産、歴史、民族、土産物、食べ物当に見える「おもてなしの心」~

講座終了

講座概要

講座番号 21120017
期間 2021年5月11日 ~ 2021年7月13日
回数 6回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名
通常会員料金 12,100円
明大カード・福利厚生会員料金 12,100円
学生・生徒・教職員会員料金 12,100円
法人会員料金 12,100円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

今日まで、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オセアニア・アフリカなど、約60数カ国・地域を巡ってきました。世界への「旅」は、日本にいては気付かない数々の新しい発見や驚きがある一方、「おもてなし」や「食べ物」などの日本の良さを再認識させてくれます。2020年の東京五輪開催を契機に、日本のホスピタリティ(おもてなしの心)が改めて注目を集めています。いま話題で魅力的な国・地域を写真と共にめぐり、旅先で「見たり・写したり・聞いたり・食べたり・感じたり」したことを、仕事で専門としてきた「ホスピタリティ」の視点から解説、披露したいと思います。観光地、リゾート地、世界遺産、歴史、土産物、食べ物、民族等・・・各国の文化を感じることで、日本の文化の良さも再発見できます。日本にいながら「現地を訪問したような感じ」になっていただければ幸いです。さあ、一緒に"世界”へ出発しましょう!今回は東京五輪を控え「外国人から見た日本」についても一緒に考えていきたいと思います。

特記事項

※本講座はオンライン受講のみとなります。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:5月8日(土) 11:00


■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。


コーカサス三国(アルメニア)から見たアララト山


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/05/11 「イギリスの魅力」 ~伝統と苦難の英国、ロンドン市内とバース等ロンドン周辺の魅力、EU離脱後の今後の行方!~ 河野
2 2021/05/18 「コーカサス三国の魅力」 ~黒海とカスピ海に挟まれたシルクロード中継地の魅力、知られていない旧ソ連の国々の今!~ 河野
3 2021/06/01 「ロシアの魅力」 ~ロシア帝国の歴史的遺産が残る魅力的な街”サンクトペテルブルク”、大きく変貌したロシアの今!~ 河野
4 2021/06/08 「ベトナム南北の魅力」 ~北部のエキゾチックな世界遺産「チャンアン手漕ぎクルーズ」「古都ホアルー」、南部の仏国風景~ 河野
5 2021/07/06 「モロッコの魅力」 ~「アラビアのロレンス」「カサブランカ」等、数々の映画の舞台に登場した北アフリカの不思議な国~ 河野
6 2021/07/13 「外国人から見た日本の魅力」 ~インバウンド(訪日外国人)視点の日本の観光、受け入れ側視点とのミスマッチ?東京五輪対策~ 河野

教材

配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

河野 正光 (コウノ マサミツ)
元帝京大学経済学部観光経営学科教授
1970年明治大学政経学部卒業。同年4月国土計画(現プリンスホテル)入社。営業・観光・ホテル課等を経て'88年人事課長。'97年営業部長。'99年取締役営業部長。'00年取締役営業・海外部長(西武シンガポール代表取締役兼務)。'03年取締役支配人(高輪・新高輪プリンスホテル)。'06~'10宮城・玉川大学大学院非常勤講師。数多くのホテル・会社・店舗等でホスピタリティ教育指導に従事。
2010〜2018帝京大学教授
2016〜2018明大国際日本学部非常勤講師

小川 智由 (オガワ トモヨシ)
コーディネータ、明治大学商学部教授
明治大学商学部卒、明治大学大学院商学研究科博士課程単位取得。専門はマーケティング戦略論、物流・ロジスティクス論。専門の研究に加え「小売業の経営戦略」や、高齢社会に向けたエルダーマーケティングの展開に関心を寄せている。大学での教育・研究活動に並行して、民間企業の経営戦略の企画メンバーや、マーケティング戦略構築のチームメンバーとしての経歴を有する。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ