21120030 【リアルタイム】日本古代学研究の最前線XVI 史・資料が語る古代学をひらく Ⅱ

申込はこちら

講座概要

講座番号 21120030
期間 2021年5月12日 ~ 2021年7月21日
回数 6回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名
通常会員料金 12,100円
明大カード・福利厚生会員料金 12,100円
学生・生徒・教職員会員料金 12,100円
法人会員料金 12,100円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

「古代学研究」のシリーズは、昨年は開催できませんでしたが、通算16年目を迎えます。「歴史学」「考古学」と「文学」を包摂し、それぞれ越境できる「日本古代学」として充実させています。一昨年から、「こと」「もの」「ひと」の史料・資料・作品群から、新たな古代学をひらくよう努めています。「ひらく」とは、「開く・拓く・啓く」意味ですが、新しい古代像を創りたいと考えています。論点は多岐にわたりますが、既存の枠組みに変化を加え、実像に迫りたいと思います。少しでも、「こと」「もの」「ひと」の事実のおもしろさを伝える予定です。

特記事項

※本講座はオンライン受講のみとなります。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:4月30日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

古代史・古代文学など古代に関心がある方。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/05/12 黒耀石鉱山発掘最前線 遺跡が語る縄文人の素顔を明らかにします。 大竹
2 2021/05/26 古墳時代における地域性 古墳時代における中央と地方の差違について、事実を踏まえて考察します。 佐々木
3 2021/06/09 東国の前期・中期古墳 関東を中心とした、東国の前期・中期古墳の特性を考えます。 白井
4 2021/06/23 東国の埴輪祭祀 古墳時代後期に盛大な展開を見せる東国の埴輪祭祀を分析します。 白井
5 2021/07/07 ヤマト王権論と「難波王朝論」 ヤマト王権はいつ成立したのか。また、難波王朝は存在したのか、考えてみたい。 吉村
6 2021/07/21 正倉院文書と奈良時代の経巻群 日本古代の仏教のあり方を、奈良時代の写経をもとに考えます。 矢越

教材

配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

吉村 武彦 (ヨシムラ タケヒコ)
明治大学名誉教授
1945年朝鮮生まれ。京都・大阪育ち。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。専攻は、日本古代史。主な著書に、『日本古代の社会と国家』(岩波書店)、『新版 古代天皇の誕生』(角川ソフィア文庫)、『聖徳太子』(岩波新書)、『ヤマト王権』(岩波新書)、『女帝の古代日本』(岩波書店)、『蘇我氏の古代』『大化改新を考える』(岩波新書)他多数。

大竹 幸恵 (オオタケ サチエ)
長野県小県郡長和町教育委員会課長補佐 (黒耀石体験ミュージアム学芸員)
茨城県つくば市出身。明治大学大学院文学研究科史学専修考古学専攻博士前期課程修了。子どもの頃、実家の畑で拾った黒耀石がきっかけで考古学に進む。大学院時代に参加した黒耀石原産地鷹山遺跡群の発掘調査から、ライフワークとして黒耀石流通の背景を解き明かす研究に取り組む。長和町教育委員会職員として黒耀石体験ミュージアムを建設。鷹山遺跡群の保存とミュージアムでの活用事業が評価され、藤森栄一賞と和島誠一賞を受賞。

佐々木 憲一 (ササキ ケンイチ)
明治大学文学部教授
1962年東京生まれ、京都育ち。ハーヴァード大学人類学研究科大学院博士課程修了。2009年より現職。専門は国家形成期の考古学(古墳時代)。主な著書に、『雪野山古墳』(新泉社2004)、『関東の後期古墳群』(共編著、六一書房2007)、『はじめて学ぶ考古学』(共著、有斐閣2011)、『信濃大室積石塚古墳群の研究IV』(共編著、明治大学文学部考古学研究室・六一書房2015)、『霞ケ浦の前方後円墳』(編著、明治大学文学部考古学研究室・六一書房2018)など。

白井 久美子 (シライ クミコ)
千葉県立房総のむら主任上席研究員
1954年千葉県生まれ。専門は古墳時代の考古学。古墳時代から芽生えた中央と地方という概念を見直し,地域から見た古墳時代史を組み立てるのが現在の課題。
早稲田大学第1文学部史学科卒業後、千葉大学大学院社会文化科学研究科博士後期課程修了、学位取得(文学)。著書に『古墳から見た列島東縁世界の形成』(千葉大学)、『最後の前方後円墳-龍角寺浅間山古墳』(新泉社)、共著に『古墳時代の実像』(共著・吉川弘文館)など多数。

矢越 葉子 (ヤゴシ ヨウコ)
明治大学研究・知財戦略機構研究推進員
1980年新潟生まれ、東京育ち。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科修了、博士(人文科学)。専門は日本古代史。『日本古代の文書行政―正倉院文書の形成と復原―』(八木書店2020)、「東大寺所蔵経巻の検討 ―「神護景雲二年御願経」と正倉院文書を手がかりに―」(『正倉院文書研究』15、2017)など多数。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ