21120039 【リアルタイム】西行の和歌と旅 花と月と漂白の歌僧

開講中止

講座概要

講座番号 21120039
期間 2021年5月19日 ~ 2021年7月21日
回数 6回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 20名
通常会員料金 13,200円
明大カード・福利厚生会員料金 13,200円
学生・生徒・教職員会員料金 13,200円
法人会員料金 13,200円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

桜の花と月をこよなく愛でた西行は、仏道に精進した歌僧として、日本文学史上の数多くの歌人の中で現代人によく知られていると同時に、一番親しまれている歌人であると言えます。良い家柄で生まれながらも、23歳という若さで出家をとげた西行は、73歳を一期に河内国弘川寺で入寂するまで人生の大半を旅から旅の中で送るようになります。本講座では、西行の草庵生活と旅の歌を中心に読み解きながら、西行にまつわる出来事や説話・伝承を通して、西行の人物像に迫ってみたいと思います。

特記事項

※本講座はオンライン受講のみとなります。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:5月11日(火)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

西行の草庵生活や旅の歌に興味をお持ちの方。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/05/19 西行の出自と官暦 藤原氏系の武門に生まれ、鳥羽上皇に北面の武士として仕えた佐藤義清の家系と官暦について解説します。
2 2021/06/02 西行の出家の原因 西行は23歳の若さで出家をとげているが、その出家の原因について、恋愛説・道心説を中心に出家の動機を探ります。
3 2021/06/16 出家直後の草庵生活 西行は出家直後に東山・嵯峨・鞍馬山など京都周辺を転々としているが、その草庵生活について解説します。
4 2021/06/30 西行の初度陸奥への旅 西行が初めて陸奥へ旅したのは、26歳の時ではないかといわれているが、初度陸奥の旅を決行したその意義と背景を考えます。
5 2021/07/07 西行と吉野山 吉野の桜をこよなく愛でた西行は度々吉野を訪れているが、西行にとって特別な存在である吉野山の桜の歌を紹介します。
6 2021/07/21 西行の熊野への旅 『山家集』には熊野で詠んだ歌が多く残っており、西行が熊野三山や熊野霊場を訪ね、歌に託したその思いを解説します。

教材

配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

金 任仲 (キム イムチュン)
明治大学文学部兼任講師
明治大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。著書に『古代日本と朝鮮渡来文化』(明治大学リバティアカデミー)、『華厳縁起の研究』(宝庫社)、『華厳縁起―元暁絵・義湘絵』(民俗苑)、『西行和歌と仏教思想』(笠間書院)、『放浪、遍歴、乞食行脚』(創元社、共著)。論文に「新羅僧義湘と善妙の説話」(『文芸研究』118号、2012)、「日本華厳宗祖師・元暁」(『淵民学志』29輯、2018)、「高句麗僧慧慈と聖徳太子」(『文芸研究』139号、2019)、『日本三論宗祖師・慧灌』(『淵民学志』33輯、2020)など。

開講中止

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ