21120067 【対面】日本人が知らない、隣国「台湾」の真実 シリーズ8 日本人が大好きな台湾人を、もっとよく知るために

開講中止

講座概要

講座番号 21120067
期間 2021年6月7日 ~ 2021年7月12日
回数 6回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 30名
通常会員料金 14,850円
明大カード・福利厚生会員料金 13,365円
学生・生徒・教職員会員料金 7,425円
法人会員料金 11,880円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
リベラルアーツ
1 AP
※料金は全て税込価格

講座趣旨

一般的に「中国の一部」と認識されている「台湾」。しかし、17世紀以前の先史時代を含め、その後のオランダ植民統治、清朝統治時代、日本統治時代、そして現代までを通じて、台湾は一つの国であった。この講座では、そんな「台湾」の歴史・風土・文化をひも解き、「日本人が世界で最も好きな外国の一つ『台湾』の真実の姿」を明らかにしていきます。
シリーズ8回目を迎える今回は、台湾の歴史の特異性を踏まえながら、現在抱えている様々な問題を、東アジア全般を俯瞰して捉え直します。
最終回は、以前好評だった「台湾語」ミニレッスンを大幅に拡張してお届けします。

特記事項

■緊急事態宣言や感染症の状況により、講座開始日の一週間前に中止とする場合もございますのでご了承ください。

■対面型講座における感染予防対策についてはこちらをご確認ください。

■申込締切日:5月29日(土)

【協力】台北駐日経済文化代表処

受講をお薦めする方

手軽な旅行先としても身近な存在だけど、よく知らない、これから知っておきたい、とお考えの方にお薦めです。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/06/07 なぜ、ひとりのアメリカ人は台湾を愛したのか 1970年代に台湾へ渡ったアメリカ人青年の、その後の軌跡を辿る 佐谷
2 2021/06/14 台湾海峡問題 台湾海峡問題とは何か。日本にどのような影響を与えることになるのか 佐谷
3 2021/06/21 台湾最新事情 なぜ、馬雲(アリババ)の財産は“没収”されたのか 佐谷
4 2021/06/28 大陸事情と台湾の関わり 郭台銘の政界進出表明と大陸財産問題 佐谷
5 2021/07/05 台湾と米国との「太平洋対話」 米国国務長官次官補代理のスピーチを受けて 佐谷
6 2021/07/12 台湾と中国大陸の言葉について 台湾華語と北京語と普通語の違い 佐谷

教材

配付資料

講師紹介

佐谷 静玲 (サタニ セイレイ)
株式会社イーピーシージャパン 取締役、セイレイファッションフラワースクール 主宰、黄綬褒章受賞
台湾屏東県出身。政治家を志し1970年代に来日。1983年 明治大学政治経済学部 卒業。2007年 同大学院政治経済学研究科 博士課程後期 研究生 修了。夫と共に労働者派遣事業を営む傍ら、十代の頃から親しんだフラワー装飾を本格的に学び、伝統に囚われない独自の技法を編み出した。その高い技能により国から「現代の名工」の表彰を受ける。
2018年春、黄綬褒章受章。

開講中止

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ