21110010 【対面】サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの基本と実現に向けての実践講座 実現したいサプライチェーン・ロジステイクスマネジメントの目標像と実現ステップ【マーケティング】

受付準備中

講座概要

講座番号 21110010
期間 2021年6月12日 ~ 2021年8月21日
回数 6回
曜日
時間 15:00~17:00
定員 20名
通常会員料金 23,100円
明大カード・福利厚生会員料金 20,790円
学生・生徒・教職員会員料金 11,550円
法人会員料金 18,480円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
ビジネス・アドミニストレーション
1 AP
※料金は全て税込価格

講座趣旨

サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントについては、この20年その理解と実現については社会的に大きな前進がみられる。今回のコロナ禍の中で「サプライチェーン」の分断が問題視されている。ただ、ここで言われているのは単なる物流なのか、ロジスティクスなのか、それともサプライチェーン・ロジスティクスの分断なのかは必ずしも明確ではない。本講座で目指すのは「サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの実現」へ向けての道筋である。そこで本講座では、再度「物流」「ロジスティクス」「サプライチェーン・ロジスティクス」の違いはどこにあるのか、そして目標とする「サプライチェーン・ロジスティクスマネジメント」を具現化するには何をどうすればよいのかの目標像をCPS事例を通して明確にし、これらを実現するシステムの詰め方について演習等を通して実践的に学ぶ。

特記事項

【ジャンル】マーケティング
【講義レベル】基本~応用

※本講座は対面型となります。

■対面型講座における感染予防対策についてはこちらをご確認ください。

■申込締切日:6月4日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

以下のような方々にお薦めする講座です。
・サプライチェーン構築を当面の課題として抱えている企業のスタッフ・責任者の方
・今までサプライチェーンシステムの構築を試みたが完成せず途中になってしまっている関係者の方
・今後、サプライチェーン・ロジスティクスシステムの構築を戦略上重要視していきたい企業の方
・この種のロジスティクス・スタッフ育成を強化したいと考えている企業の方
・外部からロジスティクス・SCM構築に関連した業務を依頼されることが多い、あるいは今後これらの分野の仕事を増やしたいと考えている独立スタッフの方

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/06/12 サプライチェーン・ロジスティクスの基本概念とシステム構築へ向けてのポイントと目標像 物流・ロジスティクス・サプライチェーン概念の変遷とサプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの目標像、これらを構築する上で押さえるべき重点システムとその実現シナリオを示す 吉岡
2 2021/06/26 サプライチェーン・ロジスティクスマネジメント:自己完結型事例「CPS」の紹介 CPS:クリナップ社の消費者受注から製造・配送・設置までの自己完結型事例を開発当事者から詳細に紹介し、サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの狙いとシステム構築上の道筋とポイントを学ぶ 大竹
3 2021/07/10 サプライチェーン・ロジスティクスマネジメント構築上のコア・システム「在庫」の考え方・捉え方とシステム構築へ向けての展開の仕方 SCM構築上、「在庫システム」がいかに重要かを解説し、その構築上この在庫をデータとしてどう捉え、これをいかに加工・分析してSCM構築へ向けて活用していくかについてその基本的な意味と位置を学ぶ 関口
4 2021/07/24 SCM実現へ向けての道筋(I):CPS事例からのメッセージ事例にみるSCM構築へ向けての目標システム全体像と実現のポイントと条件 CPS事例を通して、このシステムが実現できた背景とシステム上のポイントはどこにあったのかを討議を交えて理解し、受講者がSCM構築に取り組む場合の実践上のポイントを押さえる 大竹
吉岡
5 2021/08/07 SCM実現へ向けての道筋(Ⅱ):在庫データと分析からのメッセージ 各受講者に関係する現場のデータに基づき、そのデータのSCMシステム構築へ向けた分析と活用の仕方について実践的に学ぶ 関口
吉岡
6 2021/08/21 SCM構築へ向けての戦略とシステムづくりへの総括討議 受講者から事前に質問票を出してもらい、これらを全体討議の中で一つずつクリアしながら、SCM構築へ向けての総括的討議を行う 大竹
関口
吉岡

教材

・配付資料
・吉岡 洋一 編著/著,早稲田大学ネオ・ロジスティクス共同研究会 著,明治大学リバティアカデミー 著
『CPS事例にみる先進型サプライチェーン・ロジスティクスマネジメント』(ふくろう出版)
※教材は、開講決定のご連絡後、各自購入願います。

講師紹介

吉岡 洋一 (ヨシオカ ヨウイチ)
(株)小浜酒造 代表取締役
明治大学商学部卒。小売業チェーン十字屋勤務を経て 早稲田大学システム科学研究所でシステム設計(ワークデザイン)研修終了。経産省外郭研究所(財)流通システム開発センター主任研究員として流通システム化行政に携わる。株式会社流通総合センター設立、流通システム開発を中心として自動車部品業界・卸売業界ほかのシステム化推進に従事。その後、中村学園大学流通科学部、松山大学経営学部大学・大学院教授。流通政策・流通産業論・マーケテイング・ロジスティクス論などを担当。
現在、株式会社小浜酒造代表取締役として地酒製造を行うとともに福井県・小浜(おばま)の食のまちづくりを支援中。

大竹 重雄 (オオタケ シゲオ)
クリナップ(株)取締役 専務執行役員
1979年大学卒業後、同年クリナップ(株)入社、販売管理部、物流部、カスタマーサポート推進部、2002年10月クリナップロジスティクス(株)社長を経て現在に至る。

関口 壽一 (セキグチ トシカズ)
シーコムス(株) 代表取締役
ライオン株式会社で流通戦略の立案と推進、および卸店の経営改善、多頻度少量物流に対応する物流システムの改善等の業務に注力し、多くの改善成果を得た。シーコムスで流通向け自動発注システムを構築し卸店、小売業(特に食品スーパー)での導入実績多数、また、製造業向けに生産連動システム(S&OPシステム)を開発し導入企業で大きな成果を上げている。

小川 智由 (オガワ トモヨシ)
コーディネータ、明治大学商学部教授
明治大学商学部卒、明治大学大学院商学研究科博士課程単位取得。専門はマーケティング戦略論、物流・ロジスティクス論。専門の研究に加え「小売業の経営戦略」や、高齢社会に向けたエルダーマーケティングの展開に関心を寄せている。大学での教育・研究活動に並行して、民間企業の経営戦略の企画メンバーや、マーケティング戦略構築のチームメンバーとしての経歴を有する。

受付準備中

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ