21110056 【リアルタイム*】日本版IR(統合型リゾート)のビジネス展望 ~IR事業にかかわるビジネスパーソンのための実務解説~【経営・マネジメント】

申込はこちら

講座概要

講座番号 21110056
期間 2021年8月17日 ~ 2021年9月14日
回数 5回
曜日
時間 19:00~20:30
定員 20名
通常会員料金 15,400円
明大カード・福利厚生会員料金 15,400円
学生・生徒・教職員会員料金 15,400円
法人会員料金 15,400円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生の自己負担となります。
※料金は全て税込価格

講座趣旨

日本においてカジノを含めた日本版IR(統合型リゾート)の在り方の議論は2002年頃からスタートした。その後、約14年の時を経てようやく2106年12月に議員立法にて「IR推進法」が成立しカジノの法制度化への道が開かれた。2017年政府内において「特定複合観光施設区域整備推進本部」が設立され、翌年の2018年7月に各法で「IR整備法」が成立し、いよいよ日本国内でのIR産業の誕生の気運が高まった。今後、2020年代後半には、日本のどこかでIR事業がスタートされると予想される中、まずは序論にて現在までの「背景と経過をIRと商業的賭博(カジノ)」の切り口で解説してみたい。次に「IR法制度」の主要ポイントをおさえ、更に、「IR法規制の在り方」の中で最も重要な、ガバナンスやコンプライアンスの在り方を解説する。次に「IR産業が誕生した際の経済効果・経済的インパクト」を分析し、且つ、IR事業の肝である「税務会計」の視点からも解説を重ねる。また少し角度を変え、ポストコロナ、Withコロナにおける「IR事業のリスクやそのマネジメント方法」を示唆する。最後に総論として「エンターテインメント賭博(カジノ)」の今後の在り方や展望について論じてみたい。今回のIR講座の受講をきっかけに日本版IR事業の行く末にご興味をお持ち頂ければ幸いです。

特記事項

【企画協力】特定非営利活動法人ゲーミング法制協議会

【ジャンル】経営・マネジメント
【講義レベル】基本~応用

こちらのページは【リアルタイム配信型(Zoom)】の申し込みページです。
教室での対面型授業とZoomを用いたリアルタイム配信型授業とのハイブリット形式でおこないます。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。


■申込締切日:8月6日(金)


■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

日本国の観光政策、特にインバウンド対策等の切り札となる日本版IR産業の誕生に向けご興味をお持ちの方々にお薦めする講座です。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/08/17 序論:IRと商業的賭博(カジノ)の経過と背景 日本版IR(インテグレーテッド・リゾート、統合型リゾート)産業について 美原
2 2021/08/24 IR法制度の主要ポイントの解説とIR法規制の在り方 区域認定と事業者選定等のIR法制度とガバナンス・コンプライアンス当のIR法規制について 大嶋
3 2021/08/31 IR事業の経済効果と税務会計 日本版IR事業の日本経済に与えるインパクトと
IR税務会計について
高木
4 2021/09/07 IR事業のリスクとマネジメント ポストコロナ、Withコロナ時代における、日本固有のIR事業のリスク(感染症リスクも含む)と
マネジメントについて
木村
5 2021/09/14 総論:エンターテインメント賭博(カジノ)の今後の在り方を考える 日本版IR(インテグレーテッド・リゾート、統合型リゾート)産業の今後の展望について 美原

教材

配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

中林 真理子 (ナカバヤシ マリコ)
コーディネータ、明治大学商学部教授
東京都生まれ。明治大学大学院商学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。専門は保険学、リスクマネジメント。日本保険学会理事長。主な論著は『リスクマネジメントと企業倫理―パーソナルハザードをめぐって―』(千倉書房)などがある。

美原 融 (ミハラ トオル)
NPO法人ゲーミング法制協議会理事長、東洋大学大学院客員教授
1973年 一橋大学経済学部卒業。三井物産株式会社、三井物産戦略研究所を経て現職。
1999年~2006年 内閣府民間資金等活用事業推進委員会専門委員(PFI法立法支援・実践ガイドライン等策定)
2004年~2006年 内閣府規制改革民間開放推進会議専門委員(市場かテスト法立法政策策定等支援)
2017年~現在 内閣官房特定複合観光施設区域整備推進会議・委員(IR実施法立法政策策定等支援

大嶋 正道 (オオシマ マサミチ)
片岡総合法律事務所 パートナー弁護士
中央大学法学部法律学科1999年卒業、2000年弁護士登録、2001年片岡総合法律事務所入所、2009年から同事務所パートナー弁護士。
金融法務を専門とし、国内PFI・PPP、各種プロジェクトファイナンス、不動産ファイナンス、ストラクチャードファイナンス案件を多数手がける。特定非営利活動法人ゲーミング法制協議会の理事として、IR法制の研究・セミナーの開催、内閣官房IR推進室との意見交換会、海外IR事業者に係るリスク管理手法の調査等に関与。

高木 宏 (タカギ ヒロシ)
PwC税理士法人 パートナー
2001年PwC入所。PwC税理士法人に入所前は、日本長期信用銀行(現新生銀行)にてデリバティブ担当、ゴールドマン・サックス証券事業法人部のデリバティブマーケティング担当、不動産投資顧問会社(現いちごホールディング)創業に参画、等の経験を有する。 東京大学経済学部およびシカゴ大学経営大学院卒業。

木村 彰宏 (キムラ アキヒロ)
損害保険ジャパン(株) ビジネスデザイン戦略部 部長
明治大学商学部(ゼミ:リスクマネジメント)を卒業後、保険会社に入社。これまでに営業、査定、企画を経験し、昨年よりビジネスを新しくデザインしていく新部署にて活躍中。営業時代にはエネルギ―分野を担当し、現在でも国のエネルギー関係の委員を務める。査定課長時代には東日本大震災を被災地である仙台で経験し、震災復興の対策本部の運営に携わって来た。2018年には企画開発部門にて国や地方自治体を担当、これまでの経験を活かし、新しい保険やサービスを数多く生み出した。昨年からは、損害保険会社の将来の柱となる新しいビジネスを生み出す部署にて、近未来のビジネス創出に日々取り組んでいる。IR(統合型リゾート)については、特定非営利活動法人ゲーミング法制協議会において「IR事業リスクマネジメント検討分科会」の主任研究員として海外のホテルカジノオペレーターの現地調査と意見交換を数多くおこなって来た経験を活かし、政府IR推進室やIR誘致希望自治体とも意見交換を重ねている。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ