21110100 【対面】財務諸表の監査Part1 ―監査の必要性と制度の概要―【金融・会計・財務】

受付準備中

講座概要

講座番号 21110100
期間 2021年7月10日 ~ 2021年7月24日
回数 3回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 30名
通常会員料金 11,550円
明大カード・福利厚生会員料金 10,395円
学生・生徒・教職員会員料金 5,775円
法人会員料金 9,240円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
※料金は全て税込価格

講座趣旨

財務諸表の監査は、企業等が発表する財務諸表が所定の会計基準に従って作成されているかどうかを検証する社会的な制度です。
財務諸表は投資者の投資意思決定に資する重要な情報であるため、そこに会計基準違反があれば投資者は意思決定を誤ってしまうことになりかねません。
そこで会計基準違反の有無を検証するのが財務諸表の監査です。
この講座では、このような財務諸表の監査を3つのパートに分けて講義します。
Part1は、財務諸表の監査の必要性と監査制度の概要がテーマです。ここでは、財務諸表の監査が必要な理由、わが国の監査制度の概要、そして、監査を実施する監査人の資格・条件について考えます。
この講座は初心者を対象としますが、必要に応じて一部高度な理論にも触れる予定です。

また、パートごとの受講も可能ですが、監査の「概要」「実施」「報告」まで総合的に学びたい方は、Part1~Part3まで受講いただくことをお勧めします。

特記事項

【ジャンル】金融・会計・財務
【講義レベル】基本~応用

※本講座は対面型となります。

■対面型講座における感染予防対策についてはこちらをご確認ください。

■申込締切日:7月2日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

会社等の経理部や財務部等に勤務されている方

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/07/10 監査の必要性と法定監査制度 企業の財務諸表の信頼性を保証する役割を担う監査の基本的な考え方と監査制度を取り上げます。 長吉眞一
2 2021/07/17 監査全体の流れと監査基準の構造 監査契約の締結、監査計画の策定、監査の実施、監査結果の報告という監査全体の流れと監査基準の構造を概括的に取り上げます。 長吉眞一
3 2021/07/24 監査人の条件 監査人の条件、とくに監査人の独立性、正当な注意、懐疑心等を取り上げます。 長吉眞一

教材

・長吉眞一他『監査論入門(第4版)』(中央経済社,2021年),3,080円(税込)
・この他、必要に応じて資料を配布します。

講師紹介

長吉 眞一 (ナガヨシ シンイチ)
公認会計士,元明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授
1980年明治大学大学院商学研究科単位修得満期退学後、大手の監査法人に勤務し、約20年間にわたって大企業の会計監査業務に従事。その後、九州大学助教授、立正大学教授を経て、2005年4月~2021年3月明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。『監査一般基準論』(2005年度日本監査研究学会監査研究奨励賞受賞)、『監査意見形成の構造と分析』(2005年度日本公認会計士協会学術賞-会員特別賞受賞)など著書、論文、学会発表等多数。

受付準備中

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ