21220312 【対面】なぜ人は旅に出るのか その17  

受付準備中

講座概要

講座番号 21220312
期間 2022年1月20日 ~ 2022年2月17日
回数 3回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30名
通常会員料金 9,240円
明大カード・福利厚生会員料金 8,316円
学生・生徒・教職員会員料金 4,620円
法人会員料金 7,392円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント
※料金は全て税込価格

講座趣旨

往古より人々は旅に出ました。なかでも、日本人は旅が大好きです。遥か昔、我々の祖先は、大海原を越えて、この日本にやってきました。それ以来の血が、我々を旅へと駆り立てるのでしょうか。人は心の故郷を旅に求めようとします。心を癒す旅もあれば、涙の旅もあります。恋する人に会うための旅、自らを見つめなおす旅、就職や結婚のための旅・・・。旅の喜びもあれば、苦しさや辛さもあります。思えば、人生そのものが旅だと言えるでしょう。本講座では、様々な視点から皆様と一緒に「旅行」ではなく、「旅」を考えます。今年度は、熊野・吉野と歌僧西行をを取り上げて、「旅」を考える予定です。

特記事項

■申込締切日:1月12日(水)

※本講座は対面型となります。(受講申込みは感染症の状況を踏まえ12月初旬頃から開始予定)

■対面型講座における感染予防対策については以下をご確認ください。
なお、本学独自の活動制限指針レベルおよび感染症拡大状況を踏まえ、中止とする場合があります。
対面型講座における感染症予防対策について
対面型講座出席者に感染者または濃厚接触者が出た場合の取扱フロー

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

受講をお薦めする方

神社と信仰、旅に興味・関心のある方

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/01/20 熊野の文化と自然-「熊野のかるた」に見る- 三重県熊野市で作製された「かるた」を通して、熊野古道伊勢路の文化と自然を考えます。
2 2022/02/03 和歌と説話伝承からみる西行の旅 歌僧西行の和歌と人となりは、後代まで大きな影響を与えてきました。地域を限定して、その旅を考えてみます。 中西
3 2022/02/17 吉野・宇陀を巡る(1)-吉野山の高名寺社探訪- 古代からしばしば文献に登場する奈良県吉野山の、歴史ある寺社について考えます。 玉本

教材

配付資料

講師紹介

林 雅彦 (ハヤシ マサヒコ)
明治大学名誉教授 唱導文化研究所代表
1944年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。専攻は説話文学・絵解き、アジアの宗教民俗学。単著・共著・編著に『日本の絵解き―資料と研究』、『絵解きの東漸』、『日本における民衆と宗教』、『「生と死」の東西文化史』『唱導文化の比較研究』など多数。絵解き研究で第6回日本古典文学会賞受賞。説話文学会代表委員、国際熊野学会代表委員を歴任。新宮市市政功労者。令和元年度和歌山県文化功労賞。

中西 満義 (ナカニシ ミツヨシ)
松本大学講師・西行学会常任委員
1959年石川県生まれ。明治大学大学院文学研究科日本文学専攻・博士後期課程中退。上田女子短期大学国文科専任講師、助教授を経て、教授。専攻は、西行を中心とした中世和歌文学。著書に『西行の和歌と伝承』など。論文に「西行の四国への旅―崇徳院との関わりを中心にして―」、「西行―生得歌僧の旅―」、「歌人としての道真」、「和歌文学に現れた「紅」」など。

玉本 太平 (タマモト タヘイ)
吉野・宇陀遊学庵主宰
1953年奈良県・東吉野生まれ。日本大学法学部卒業。明治大学大学院教養デザイン研究科博士前期課程修了。株式会社ジャルパックに入社し、成田空港勤務、ミクロネシア駐在、ツアーコンダクターを歴任後、学校法人トラベルジャーナル学園で旅行業全般の教鞭を執る。目白大学、駒沢女子大学講師歴任。日本の歴史・文化・伝承を基にして、郷里を中心に地域振興に取り組む。

受付準備中

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ