21220231 ケーベルと鴎外・漱石 哲学・美学・音楽の伝道師と明治期の知識人

申込はこちら

講座概要

講座番号 21220231
期間 2022年1月18日 ~ 2022年2月1日
回数 3回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 100名
通常会員料金 5,940円
明大カード・福利厚生会員料金 5,940円
学生・生徒・教職員会員料金 5,940円
法人会員料金 5,940円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

夏目漱石の随筆『ケーベル先生』で知られているR. v. ケーベルは、チャイコフスキーに作曲を学んだ音楽家であると同時に、ハイデルベルクで哲学を学び、当時のヨーロッパの最先端の思想を具現した知識人でした。日本における美学の先駆者・森鴎外がハルトマンの美学論を精力的に紹介したことから、政府は彼を帝国大学教授として招聘することにしました。しかし、ハルトマンは健康上の理由で来日が叶わず、その紹介で日本における哲学・美学の最初の外国人教授になったのがケーベルでした。当時の学生はケーベルの古代ギリシャ語、ラテン語を含む優れた語学力と学識に圧倒され、その人柄にも魅了され、その一人に漱石がいました。この講座では、ケーベルと明治期の知識人の交流、さらに滝廉太郎などの音楽家に大きな影響を与えた足跡を辿ります。

特記事項

※本講座はリアルタイム配信型(見逃し配信付き)となります。
■見逃し配信視聴方法(収録動画のストリーミング配信)
各回実施日の翌々日(日・祝日を除く)21時までに会員のページ「マイページ」に公開します。
視聴期限は、最終回の収録動画を公開してから2週間後です。期間中は何度でも視聴できます。
見逃し配信に関する詳細及び注意事項は、下記「オンライン講座ご受講にあたって」をご確認ください。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:1月8日(土)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/01/18 ケーベルの生い立ちと成長 ドイツ系ロシア人としてモスクワで優れた教育を受けた背景と、ベルリンやハイデルベルクにおける哲学・美学研究を追います。 井戸田
2 2022/01/25 鴎外・漱石とケーベル 鴎外がなぜ美学という学問に強い関心を抱くようになったのかを考えると同時に、漱石の『ケーベル先生』を読んでいきます。 井戸田
3 2022/02/01 ケーベルと明治期の知識人 日本に教養という言葉を定着させることにケーベルが大きく貢献したこと、また日本の音楽界に与えた影響の大きさを考えます。 井戸田

教材

配付資料
※会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

井戸田 総一郎 (イトダ ソウイチロウ)
コーディネータ 明治大学名誉教授
慶応義塾大学経済学部教授を経て、1999年より明治大学文学部ドイツ文学専攻教授及び大学院文学研究科独文学専攻教授。現在フライブルク大学ニーチェ研究センター客員研究員、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団研究フェロー。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ