21220233 笑いと涙-フランツ・シューベルトの世界 無比の歌曲の世界を、言葉から音楽から、楽しみましょう

申込はこちら

講座概要

講座番号 21220233
期間 2022年1月18日 ~ 2022年2月8日
回数 3回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 100名
通常会員料金 5,940円
明大カード・福利厚生会員料金 5,940円
学生・生徒・教職員会員料金 5,940円
法人会員料金 5,940円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

ドイツ・リートと呼ばれる歌曲の伝統の流れを、その空前絶後の頂点ともいうべきシューベルトの歌曲を、言葉の面から、音楽の面から味わってみましょう。歌曲集から、個々の独立した歌曲からいくつか取り上げて、その歌詞を読み、さまざまの演奏で聞き比べてみると、無尽蔵の宝庫が開けてくることでしょう。今回を端緒に、続けて様々の歌を末永く継続して楽しむ機会となれば幸いです。

特記事項

※本講座はリアルタイム配信型(Zoom)型となります。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:1月8日(土)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/01/18 「冬の旅」から 先ずは初めから幾つかの歌を、順を追って。 須永
2 2022/01/25 「水車屋の娘」を顧みて 冬の旅の始まる前の成り行き、と想定して。終わり方の幾つかの歌を。 須永
3 2022/02/08 「白鳥の歌」から 印象的なものを、二、三。 須永

教材

配付資料
※会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

須永 恆雄 (スナガ ツネオ)
明治大学名誉教授
東京都立大学人文学部大学院博士課程終了後、信州大学を経て、現職。
訳書に『モーツァルトのベースレ書簡を読む』(シンフォニア)、『指揮者とオーケストラの間』(同)、『ウィーンの内部への旅』(彩流社)、『マーラー書簡集』(法政大学出版)、『マーラー全歌詞対訳集』(図書刊行会)など、またドイツ語教科書としては『ヴォツェック』(同学社)など。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ