21270002 【明治大学140周年記念講座】明治の伝統を考古学の未来に活かす② 埴輪は語る

申込はこちら

講座概要

講座番号 21270002
期間 2021年10月9日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 480名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担

講座趣旨

古代の遺物のなかでも人気の埴輪。前方後円墳とともに現れ、前方後円墳とともに消滅した埴輪350年の歴史と、そのなかでも後半に現れる人物埴輪群像の意味を探ります。
鶏、鵜、馬などの動物埴輪、王・巫女・武人などの人物埴輪が織り成す1500年前のメッセージを読み解きます。

参考書:
若狭徹2021『埴輪は語る』(ちくま新書)筑摩書房
若狭徹2009『もっと知りたいはにわの世界』東京美術

特記事項

※本講座はリアルタイム配信のみとなります。

※お申込み前に必ずオンラインオープン講座ご受講にあたってをご確認ください。

■受講料:無料
【申込方法】事前予約制です。(Zoomのウェビナー機能を使用、先着480名)
「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申込みください。
なお、申込受付は先着順になります。定員に余裕がある場合に限り、10月8日(金)午前10時まで受け付けます。

■この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■会場: オンライン
※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/10/09 明治の伝統を考古学の未来に活かす②埴輪は語る   若狭

講師紹介

若狭 徹 (ワカサ トオル)
明治大学文学部准教授
1962年生まれ。群馬県出身。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。博士(史学)。高崎市教育委員会文化財保護課長を経て、2017年より現職。専門は考古学(古墳時代)。主な著書に、『前方後円墳と東国社会』(吉川弘文館)、『東国から読み解く古墳時代』(吉川弘文館)、『ビジュアル版 古墳時代ガイドブック』(新泉社)、『もっと知りたいはにわの世界』(東京美術)、『古墳時代の水利社会研究』(学生社)、『古墳時代の地域社会復元-三ツ寺Ⅰ遺跡』など。浜田青陵賞、藤森栄一賞、古代歴史文化賞を受賞。
文化財保護行政に長く所属したことから、史跡整備や博物館建設などに造詣が深い。明治大学で教壇に立つ傍ら、各地の史跡整備委員や文化財調査審議会委員などを委嘱され活動している。

佐々木 憲一 (ササキ ケンイチ)
明治大学文学部教授
1962年東京生まれ、京都育ち。ハーヴァード大学人類学研究科大学院博士課程修了。2009年より現職。専門は国家形成期の考古学(古墳時代)。主な著書に、『雪野山古墳』(新泉社2004)、『関東の後期古墳群』(共編著、六一書房2007)、『はじめて学ぶ考古学』(共著、有斐閣2011)、『信濃大室積石塚古墳群の研究IV』(共編著、明治大学文学部考古学研究室・六一書房2015)、『霞ケ浦の前方後円墳』(編著、明治大学文学部考古学研究室・六一書房2018)など。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ