21210005 「顧客づくり」「顧客つなぎ」「顧客つづき」の女神のサイクル創造 ~市場規模縮小・業種衰退時代の成長・発展に共通する秘訣と具体策~【Zoom/60分/マーケティング/マネジメント/】

申込はこちら

講座概要

講座番号 21210005
期間 2021年12月6日 ~ 2021年12月20日
回数 3回
曜日
時間 19:30~20:30
定員 100名
通常会員料金 3,300円
明大カード・福利厚生会員料金 3,300円
学生・生徒・教職員会員料金 3,300円
法人会員料金 3,300円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生の自己負担となります。
※料金は全て税込価格

講座趣旨

 市場規模縮小・各業種衰退・COVID-19時に企業成長・発展の成功事例を生み続けてきた企業アシスト・コンサルティングの立場から、成功に共通する具体的・実践的秘訣をお伝えします。
 殆どの市場は90%以上が買い替え・買い増し。顧客の初購入は10%以下(乗用車の場合、初購入は約5%)。だが新規顧客の開拓がなければ業績低下の一途。そこで大切な具体策は?顧客離脱の防止策は?顧客継続率向上の方法は?テクノロジー時代、最新CSM(顧客満足マネジメント)による顧客層別と層別対応は?CRMによる業向上の具体策は?そしてビジネスは、最初も最後も『人』と『ひと』。そして人には『心』『感情』があるのがセオリー。

特記事項

※本講座はリアルタイム配信型(見逃し配信付き)となります。
■見逃し配信視聴方法(収録動画のストリーミング配信)
各回実施日の翌々日(日・祝日を除く)21時までに会員のページ「マイページ」に公開します。
視聴期限は、最終回の収録動画を公開してから2週間後です。期間中は何度でも視聴できます。
見逃し配信に関する詳細及び注意事項は、下記「オンライン講座ご受講にあたって」をご確認ください。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/12/06 市場規模縮小・業種衰退の実態時における成長・発展の成功事例に共通する秘訣 急速に市場規模縮小と各業種衰退が進行している中で、成功事例に共通するセオリーと実践ポイントについて解説します。 武田
2 2021/12/13 「顧客づくり」「顧客つなぎ」「顧客つづき」のセオリーと実践の取組み ①「顧客づくり」=規顧客の開拓・新規需要の開拓・新規市場の開拓と具体策
②「顧客つなぎ」=リピーター・リピートオーダーの促進、CL(Customer Loyalty=当社に貢献度の高い顧客)の層別と層別対応)
③「顧客つづき」=顧客との“良質”で“永い”ご縁の創造・顧客のプラスの口コミ意向と紹介意向の促進。そして「業績=顧客の支持率達成!」
武田
3 2021/12/20 女神のサイクル好循環を生む ・テクノロジー時代のデジタルとアナログの接合・
結合・統合
・コスト品質=顧客にとっても企業にとっても価値あるコスト構造の構築
・顧客にとっての企業の魅力品質創造による相互のHappy & Happyの関係を構築する
武田

教材

配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

小川 智由 (オガワ トモヨシ)
コーディネータ、明治大学商学部教授
明治大学商学部卒、明治大学大学院商学研究科博士課程単位取得。専門はマーケティング戦略論、物流・ロジスティクス論。専門の研究に加え「小売業の経営戦略」や、高齢社会に向けたエルダーマーケティングの展開に関心を寄せている。大学での教育・研究活動に並行して、民間企業の経営戦略の企画メンバーや、マーケティング戦略構築のチームメンバーとしての経歴を有する。

武田 哲男 (タケダ テツオ)
(株)武田マネジメントシステムス 代表取締役
株式会社服部時計店(現・SEIKO)入社。小売部門の和光勤務時にSERVICE課題に惹かれ、セオリーと実践の研究開始。ホンダN360問題プロジェクトに、サービス概念導入のため参加。その後、警察の初心者マークプロジェクトにも参加。日本初CS実務書を日本能率協会より発刊。著書100冊以上。製造業・サービス業、企業規模を問わずアシスト。市場規模縮小、業種衰退時の企業成長・発展の『融合マネジメント』により成功事例を生み続けている。

申込はこちら

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ