アメリカ文学とアメリカ映画を楽しむ

現代のアメリカ小説を読み映画を見ながら、人間の生き方を考える材料にします。【Zoom/世界の文化・歴史/文学/】

開講中止

講座概要

講座番号 22120211
期間 2022年5月11日 ~ 2022年7月6日
回数 5回
曜日
時間 10:30~12:00
定員 100名
通常会員料金 9,900円
明大カード・福利厚生会員料金 9,900円
学生・生徒・教職員会員料金 9,900円
法人会員料金 9,900円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

映画を見たり小説を読んだりするときには、それを楽しむことが第一です。その次に、なぜそれが面白いのかを考えるかもしれません。芸術の楽しみ方は千差万別です。ここでは、映画や小説を知的に楽しむ方法を一緒に模索したいと思います。
インディアンの虐殺と黒人の奴隷制はアメリカ史の負の遺産だと言えます。それは決して過去の出来事ではなく、いまなお人々の意識に中に生きています。「人種差別」を公然と叫ぶ大統領が生まれる国ですが、その一方で、それを抑制しようとする人々も大勢います。
 そんなわけで、現代文学や映画を楽しみながら、世界のありよう(政治・経済・人種・性)、人間の生き方(差別と抵抗)を考えたいと思います。

特記事項

※本講座はリアルタイム配信型(見逃し配信付き)となります。

■見逃し配信視聴方法(収録動画のストリーミング配信)
各回実施日の翌々日(日・祝日を除く)21時までに会員のページ「マイページ」に公開します。
視聴期限は、最終回の収録動画を公開してから2週間後です。期間中は何度でも視聴できます。
見逃し配信に関する詳細及び注意事項は、下記「オンライン講座ご受講にあたって」をご確認ください。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:4月29日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/05/11(水) 国境とはなにか?
『フローズン・リバー』という映画を見ます。
カナダとアメリカの国境の両側に居留地をもつモホーク族の女性と、安売りショップでパートタイムとして働く白人女性の出会いが新しい視野を拓く。 越川
2 2022/05/25(水) 人種差別とは何か?『荒野の誓い』という映画を見ます 19世紀末、インディアンの民族浄化を「善」と信じていた騎兵隊の隊長の「変化」がダイナミックに描かれています。 越川
3 2022/06/08(水) 戦争とは何か?
『ライ麦畑の反逆児』という映画を見ます。
20世紀後半にミステリアスな人生を送った人気作家サリンジャーの「戦争後遺症」を扱っています。 越川
4 2022/06/22(水) サンドラ・シスネロスの短編集『マンゴ通り、ときどきさようなら』 シカゴのヒスパニックのゲットーが舞台。貧しくもたくましく生きる庶民の暮らしが、少女の眼から語られています。 越川
5 2022/07/06(水) ジム・トンプソンの小説『バッドボーイ』 20世紀の初頭、アメリカがまだ若かったころに、青春時代を送った作者の自伝的な作品です。 越川

教材

配布資料
※会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

講師紹介

越川 芳明 (コシカワ ヨシアキ)
明治大学文学部教授
1952年千葉県生まれ。筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科単位所得退学。専攻は米文学。90年代後半から、米墨国境地帯のボーダー・ピープルの「声」と「歌」を聴くために、精力的にフィールドワークを行う。著書に『トウガラシのちいさな旅 ボーダー文化論』、『ギターを抱いた渡り鳥 チカーノ詩礼賛』、『周縁から生まれる ボーダー文学論』、『カリブ海の黒い神々 キューバ文化論序説』など多数。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ