令和に読む漱石書簡―子規への手紙、作家になるまでの手紙

【Zoom/日本の文化・歴史/文学/】

開講中止

講座概要

講座番号 22120228
期間 2022年6月7日 ~ 2022年6月28日
回数 4回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 100名
通常会員料金 7,920円
明大カード・福利厚生会員料金 7,920円
学生・生徒・教職員会員料金 7,920円
法人会員料金 7,920円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント
※受講にかかる通信費用は受講生が各自負担
※料金は全て税込価格

講座趣旨

夏目漱石はその生涯において、全集に収録されたものだけでも、約2500通の書簡を残しました。電話を使うことも稀で、メール、ラインはもちろんない時代だからとも言えますが、その内容を見てみると、手紙というコミュニケーション手段の持っている豊饒さを強く感じさせてくれます。
この講座では漱石の初期の書簡に注目して、親友正岡子規に宛てた手紙、イギリス留学中に妻や友人に宛てた手紙、『吾輩は猫である』を書き始めて作家になって行く過程での手紙を読みます。それによって、文学に対して鋭敏な意識を持つとともに、類い稀なユーモアのセンス、人間に対する暖かい信頼感を持っていた漱石が、どのように自分と他人との交流の絆を築いていたかを知り、漱石文学の原点の生成を探ります。

特記事項

※本講座はリアルタイム配信型(見逃し配信付き)となります。
■見逃し配信視聴方法(収録動画のストリーミング配信)
各回実施日の翌々日(日・祝日を除く)21時までに会員のページ「マイページ」に公開します。
視聴期限は、最終回の収録動画を公開してから2週間後です。期間中は何度でも視聴できます。
見逃し配信に関する詳細及び注意事項は、下記「オンライン講座ご受講にあたって」をご確認ください。

※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。

※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

■申込締切日:5月30日(月)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/06/07(火) 正岡子規への手紙 漱石が子規に宛てた手紙を読みます。厭世観、初恋などを語り、また長文の思考を語る手紙などから、漱石の青春を浮かび上がらせます。 藤澤
2 2022/06/14(火) イギリス留学時代の手紙 遠い異国で漱石が家族、友人に送った手紙を読みます。異文化へのとまどい、故国の懐かしさなど、漱石がロンドンで何を考えたかを探ります。 藤澤
3 2022/06/21(火) 『吾輩は猫である』前後の手紙 『吾輩は猫である』で作家になった漱石、その時期の書簡から作家として成長していく漱石像を炙り出します。 藤澤
4 2022/06/28(火) 朝日新聞入社までの手紙 自分の小説への世間の批評を気にかけ、鈴木三重吉、森田草平などの若い世代への理解を示しながら、教師をやめて作家として生きることを決意するまでの時期の手紙を読みます。 藤澤

教材

・配付資料
会員のページ「マイページメニュー」の「オンライン講座視聴・資料ダウンロード」にてダウンロードしていただきます。

・テキスト情報
『漱石書簡集』(三好行雄編、岩波文庫、2020年)760円
補助資料は授業時に配布

講師紹介

藤澤 るり (フジサワ ルリ)
元明治大学・東京大学非常勤講師 文学博士
東京外国語大学非常勤講師を皮切りに明治大学、東京大学、武蔵大学、桜美林大学等の非常勤講師を歴任。近代文学、日本語表現、留学生授業等を担当。専門は夏目漱石研究。また、樋口一葉も研究している。2018年『夏目漱石の文学的現場 意識と思考の焦点』(青簡舎、2017年12月)により東京大学より文学博士号を受ける。共著に『漱石事典』『論集 樋口一葉Ⅳ、Ⅴ』等がある。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ