【アーカイブ】楽器で語る日本と世界の歴史

アコーディオン生誕200周年【アーカイブ/Zoom】

申込はこちら

講座概要

講座番号 22320103
期間 2022年9月1日 ~ 2022年12月31日
回数 1回
曜日
時間 24時間視聴可
定員 100名
通常会員料金 1,100円
明大カード・福利厚生会員料金 1,100円
学生・生徒・教職員会員料金 1,100円
法人会員料金 1,100円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント

講座趣旨

コロナ前、明治大学リバティアカデミーでは、さまざまなレクチャー&コンサートがありました。例えば、故・江波戸昭名誉教授による「民族音楽紀行」や、その後継講座「世界の民族音楽を聴く」では、毎回、外部からプロの演奏家を招き、実演付きで講義をしてもらい、人気を博しました。
 私は、明治大学の周囲に広がる「お茶の水楽器街」と連携しつつ、世界の楽器の歴史と魅力を紹介する教養講座を新設したいと存じます。残念ながら春学期はまだオンラインのみなので、春学期に私が単発の講座を行い、秋学期への呼び水にできればと存じます。2022年は「アコーディオン生誕200周年」なので、アコーディオンから見た世界と日本の近現代史を、演奏動画つきで単発で講義したいと思います。

【紹介動画】
https://commonsi.muc.meiji.jp/em/6209a40aec972
※本動画は、担当講師が講座の魅力やねらいなどを数分でまとめたものです。お申込みの参考にしてください。
(ストリーミング動画です。通信費は視聴者負担となります。)

特記事項

※本講座は2022年度春期講座として、2022年5月10日に実施した講座のアーカイブ講座(すでに実施した講座の録画をご視聴いただく講座)です。

※講座内容に関する質問を受け付けることはできません。予めご了承ください。
※原則として、リアルタイム配信型の講座を録画したものをご視聴いただきます。大学側で一部編集する場合がありますが、途中の映像音声の乱れについて、了承くださるようお願いいたします。


■視聴方法
お申込み完了後、会員ページにログインしてください。「マイページ」よりご視聴いただけます。
視聴期限は、2022年12月31日(土)までです。期間中は何度でも視聴できます。


※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。


■申込締切日:9月30日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/09/01(木) 楽器で語る日本と世界の歴史・アコーディオン篇 2022年はアコーディオン(手風琴)生誕200周年です。手風琴から見た世界と日本の近現代史を、映像つきでわかりやすく解説します。 加藤

教材

教材は加藤徹の<講座専用ウェブページ>をご確認ください。

講師紹介

加藤 徹 (カトウ トオル)
明治大学法学部教授 教養デザイン研究科教授
1963年、東京生まれ。東京大学文学部中文科、同・大学院で中国の文学と文化を専攻、文学修士(1989年)。主な著書に『京劇』、『漢文力』、『西太后』、『貝と羊の中国人』、『梅蘭芳』ほか。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ