【アーカイブ】漱石と子規、二人の交流

【アーカイブ/Zoom】

申込はこちら

講座概要

講座番号 22320104
期間 2022年10月1日 ~ 2023年3月31日
回数 1回
曜日
時間 24時間視聴可
定員 100名
通常会員料金 1,100円
明大カード・福利厚生会員料金 1,100円
学生・生徒・教職員会員料金 1,100円
法人会員料金 1,100円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント

講座趣旨

夏目漱石と正岡子規、後に文学史に大きな足跡を残すことになるこの二人は、明治22年、夏目金之助、正岡常則として出会います。以後濃密な交友が続きますが、学生時代には深い知性と若者特有のユーモアに満ちた交流が見られます。また、漱石が松山、熊本から子規に送った俳句に対して、子規は時には褒め、時には容赦のないコメントを記して、俳人としての漱石を育てました。明治20年代の希有な交流を探ります。

【紹介動画】
https://commonsi.muc.meiji.jp/em/6201c33fe8f0b
※本動画は、担当講師が講座の魅力やねらいなどを数分でまとめたものです。お申込みの参考にしてください。
(ストリーミング動画です。通信費は視聴者負担となります。)

特記事項

※本講座は2022年度春期講座として、2022年5月10日に実施した講座のアーカイブ講座(すでに実施した講座の録画をご視聴いただく講座)です。

※講座内容に関する質問を受け付けることはできません。予めご了承ください。
※原則として、リアルタイム配信型の講座を録画したものをご視聴いただきます。大学側で一部編集する場合がありますが、途中の映像音声の乱れについて、了承くださるようお願いいたします。


■視聴方法
お申込み完了後、会員ページにログインしてください。「マイページ」よりご視聴いただけます。
視聴期限は、2023年3月31日(金)までです。期間中は何度でも視聴できます。


※お申込み前に必ずオンライン講座ご受講にあたってをご確認ください。


■申込締切日:2023年2月20日(月)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2022/10/01(土) 漱石と子規、二人の交流 残された手紙、漱石の文章、談話などによって、漱石と子規の深い交流を探ります。 藤澤

講師紹介

藤澤 るり (フジサワ ルリ)
元明治大学・東京大学非常勤講師 文学博士
東京外国語大学非常勤講師を皮切りに明治大学、東京大学、武蔵大学、桜美林大学等の非常勤講師を歴任。近代文学、日本語表現、留学生授業等を担当。専門は夏目漱石研究。また、樋口一葉も研究している。2018年『夏目漱石の文学的現場 意識と思考の焦点』(青簡舎、2017年12月)により東京大学より文学博士号を受ける。共著に『漱石事典』『論集 樋口一葉Ⅳ、Ⅴ』等がある。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ