大岡信と夏目漱石【Z会寄付講座】

詩人と散文精神

申込はこちら

講座概要

講座番号 22270010
期間 2023年2月25日
回数 1回
曜日
時間 13:30~15:00
定員 480名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス その他
アカデミー・ポイント

講座趣旨

大岡信が東大(旧制)の卒業論文として「夏目漱石論」を執筆したのは昭和二七年のことである。大岡が卒業論文に夏目漱石を選んだことは、今ではよく知られているが、それは『大岡信著作集』第四巻(青土社)に、未発表だったその論考が収められたことに起因する。では、のちに自らを詩人として定位することにこだわった大岡信は、その若き日に、なぜ詩人や歌人を卒業論文の対象とはしなかったのだろうか。一見、矛盾しているように見える物事の中にこそ、問題の核心が潜んでいるというのは多くの先達の知見が教えるところだが、本講座では詩人・大岡信にとって、夏目漱石とはどのような存在であったのかを考えてみたい。おそらくそこには大岡の詩作と批評活動が、散文精神という思考の運動を共通の基底としていることが見て取れるだろう。

※大岡信の「夏目漱石論」は、『大岡信著作集』第四巻(青土社)と『拝啓 漱石先生』(世界文化社)に収録されている。

特記事項

※本講座はオンラインのみとなります。

※お申込み前に必ずオンラインオープン講座ご受講にあたってをご確認ください。

■受講料:無料
【申込方法】事前予約制です。(Zoomのウェビナー機能を使用、先着480名)

■この講座は、会員以外の方でもご受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■会場: オンライン
※初めてZoomをご利用になる方は、Zoomご利用ガイドをご覧ください。

※本講座はリアルタイム(見逃し配信付き)となります。(収録動画のストリーミング配信)
■見逃し配信視聴方法:
講座実施日の翌々日(日・祝日を除く)11時までにメールで視聴URLをご案内いたします。
講座実施日の2週間後までご視聴いただけます。
※機器トラブル等により、見逃し配信が困難な場合もございますことご了承ください。

■申込締切日:2023年2月24日(金)10:00


講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2023/02/25(土)     松下

関連情報

【寄付者ごあいさつ ―講座開設にあたって―】
Z会は、大岡信氏の偉大な業績と生き様を語り継ぐ取組として、本講座に協賛させていただいております。
ぜひ、この機会にご受講いただければ幸甚でございます。

〈大岡 信 氏〉
詩人、評論家。1931(昭和6)年静岡県三島市に歌人大岡博の長男として生まれ、中学時代から作歌・詩作を行う。東大国文科卒。読売新聞社外報部記者を経て、明治大学、東京芸術大学で教鞭を執る。1979年から朝日新聞に連載した「折々のうた」で菊池寛賞を受賞。1995(平成7)年恩賜賞、日本芸術院賞受賞。1996年朝日賞受賞。1997年文化功労者。2003年文化勲章受賞。2004年フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章オフィシエ受賞。詩集『記憶と現在』『春、少女に』『透視図法-夏のための』『ぬばたまの夜、天の掃除機せまってくる』『鯨の会話体』など、評論『現代詩試論』『紀貫之』『うたげと弧心』『詩人 菅原道真 うつしの美学』『日本の詩歌 その骨組みと素肌』などのほか著書多数。

講師紹介

松下 浩幸 (マツシタ ヒロユキ)
明治大学農学部教授
大阪府出身。明治大学大学院修了。日本近代文学専攻。〈都市〉〈独身者〉〈ジェンダー〉をキーワードに、近代化と文学表象の関係を考察している。著書に『夏目漱石-Xなる人生-』、共著書に『異文化体験としての大都市』『漱石文学全注釈 7 三四郎』『〈怪異〉とナショナリズム』などがある。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ