12270006 明治大学・宮崎県・奈良県・島根県連携講座 古事記編さん1300年記念シンポジウム ~「古事記」三大聖地の魅力を探る~

講座終了

講座概要

講座番号 12270006
期間 2012年11月24日
回数 3回
曜日
時間 13:00~16:30
定員 1100名
リバティアカデミー会員料金 0円
一般料金 0円
キャンパス 駿河台キャンパス
アカデミー・ポイント

講座趣旨

日本最古の歴史書である「古事記」。その編さんから今年で1300年の節目を迎えます。今回、その節目の年を記念し、古事記に最もゆかりの深い宮崎県・奈良県・島根県の三県の知事が集まり、古事記ゆかりの祭礼や古事記に関連した地域の伝承など、古事記の三大聖地とも言える各県の魅力を皆様にお伝えしてまいります。

特記事項

■リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外も広く受講頂けます。
■お申込は、お電話(03-3296-4423)または、当HPよりお申込み下さい。(事前予約制)
■会場 アカデミーコモン3階 アカデミーホール

講義概要

  日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2012/11/24 古事記編さん1300年記念シンポジウム 【オープニングアトラクション】  
2 2012/11/24 古事記編さん1300年記念シンポジウム 【古事記ゆかりの3県シンポジウム】
各県の古事記ゆかりの祭礼や
古事記に関連した地域の伝承などをご紹介。
宮崎県知事
奈良県知事
島根県知事
大塚初重
3 2012/11/24 古事記編さん1300年記念シンポジウム 【記念講演】「古事記の魅力」
古事記は、読む人によってさまざまな魅力を見出すことのできる書物です。しかし、読むためにはそれなりの手続きも必要です。古事記とはいかなる作品か、そして、どのような問題があり、どのように読めるか。いくつかの神話や伝承をとり上げながら、わたしなりの読み方についてお話ししたいと思っています。
三浦佑之

講師紹介

河野 俊嗣 (コウノ シュンジ)
宮崎県知事

荒井 正吾 (アライ ショウゴ)
奈良県知事

溝口 善兵衛 (ミゾグチ ゼンベエ)
島根県知事

大塚 初重 (オオツカ ハツシゲ)
明治大学名誉教授
1926年東京都生まれ。明治大学文学部考古学専攻卒業、明治大学大学院文学研究科考古学専攻博士課程修了。文学博士。明治大学文学部長、明治大学人文科学研究所所長、日本学術会議議員、山梨県立考古博物館館長、日本考古学協会会長等を歴任。2005年「瑞宝中綬章」受章。専門は弥生時代と古墳時代全般。編著書に『日本古墳大辞典』(東京堂出版)、『最新日本考古学用語辞典』(柏書房)、『東国の古墳と大和政権』(吉川弘文館)、『「弥生時代」の時間 大塚初重のレクチャー』(学生社)、『考古学から見た日本人』(青春出版社)、『邪馬台国をとらえなおす』(講談社現代新書)、『土の中に日本があった』(小学館)、『掘った、考えた』(中央公論新社)など。

三浦 佑之 (ミウラ スケユキ)
立正大学文学部教授、千葉大学名誉教授
1946年三重県生まれ。古代文学・伝承文学専攻。著書に、『浦島太郎の文学史』(五柳書院)、『口語訳古事記』『古事記講義』『古事記を旅する』(以上、文藝春秋。いずれも文春文庫所収)、『日本古代文学入門』(幻冬舎)、『日本霊異記の世界』(角川学芸出版)、『古事記を読みなおす』(ちくま新書)など。第5回上代文学会賞(1988年)、第1回角川財団学芸賞(2003年)を受賞。

講座終了

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ