リバティアカデミーブックレットのご案内

※「講座コーディネータ・講師」、「著者」の肩書きは、発行時のものです。

Booklet 10

Booklet 10 都市空間を歩く 第二輯
-近代日本文学と東京-

著者・編著

佐藤 義雄 (明治大学文学部教授)
栗原 敦 (実践女子大学文学部教授)
長沼 秀明 (明治大学文学部講師)
矢木 英樹(日本大学商学部非常勤講師)

目次

◇ 軍事と神の社の赤坂 -蘆花『不如帰』の氷川町を歩く
◇ 水の深川 -荷風『深川の唄』を歩く
◇ 今戸橋夕景-荷風『すみだ川』の深川と今戸を歩く
◇ リゾート鎌倉-谷崎『痴人の愛』の鎌倉由比ヶ浜を歩く
◇ 暗喩としての〈橋〉-鮎川信夫「橋上の人」と吉本隆明「佃渡しで」を歩く

Booklet 9

Booklet 9 -地域経済連携支援講座2
-つくばエクスプレス沿線市区長リレー-

著者・編著

水野 勝之 (明治大学商学部教授)
石川 雅己(東京都千代田区長)
廣瀬 道雄(首都圏新都市鉄道株式会社 参与)
市原 健一(茨城県つくば市長) ほか

目次

第1章 つくばエクスプレス第1講 まず、為替の基礎を覚えておこう
第2章 住み続けたいまち・品格と活力あるまち・八潮第2講 国際収支とは?
第3章 オーダーメードの「地方主権」
第4章 TX開業とつくば市の経済活性化
第5章 TXの開通と柏市の産業振興
第6章 つくばエクスプレス開通と沿線経済の活性化

Booklet 8

Booklet 8 -地域経済連携支援講座
-地域活性化は地域間の連携から-

著者・編著

水野 勝之 (明治大学商学部教授)
荒木 勇(千葉県習志野市長)
山口 昇士(神奈川県箱根町長)
石川 雅己(東京都千代田区長)
石川 道政(岐阜県美濃市長)
尾又 正則(東京都東大和市長)
米岡 幸男(神奈川県湯河原町長)

目次

第1章 地方主権の町、千代田区
第2章 習志野市の改革
第3章 国際的観光の町「箱根」を目指して
第4章 東大和市の政策
第5章 小京都「湯河原」
第6章 伝統力と市民力の町美濃市

Booklet 7

Booklet 7 世紀を超える実存の思想
-サルトル・レヴィナス・パトチュカ・メルロ=ポンティ・マルディネ-

著者・編著

合田 正人 (明治大学文学部教授)

目次

第1章 実存と知政 -ヤン・パトチュカ試論-
第2章 実存と分割=共有 -戦争のシステム-
第3章 実存と暴力 -暴力と非暴力のテロル-
第4章 実存と倫理 -現代倫理学の暗礁-
第5章 実存と美 -アンリ・マルディネ試論-

Booklet 6

Booklet 6 世界の音を訪れて

著者・編著

江波戸 昭 (明治大学名誉教授)

目次

I 世界の音楽を聴く
  ・アジアの音 ・ヨーロッパの音 
  ・ヨーロッパの東西点描 ・アフリカの音
  ・アメリカの音 ・オセアニアの音

II 器楽と声楽と
  ・ハ音の彩る世界 ・シルクロードの楽器交流 ・諸民族のポリフォニー

Booklet 5

Booklet 5 外国為替入門
-元商社マン・銀行マンが語る国際ビジネス-

講座コーディネータ・講師

増田 政靖 (国際社会貢献センター・コーディネーター)
澤田 豊治 (国際社会貢献センター会員(住友商事出身))
金井 好弘 (国際社会貢献センター会員(三菱商事出身))
石橋 満  (国際社会貢献センター会員(丸紅出身))
岡部 好夫 (国際社会貢献センター会員(東京銀行出身))

目次

第1講 まず、為替の基礎を覚えておこう
第2講 国際収支とは?   
第3講 外為マーケットをのぞいて見よう
第4講 簡単にわかる貿易実務
第5講 外国為替の理論と実務
第6講 為替リスクとその対策
第7講 国際通貨制度
第8講 主な国際通貨の動き

Booklet 4

Booklet 4 企業経営
-未来への指針-

講座コーディネータ・講師

正田 繁 (ファイナンシャルブリッジ株式会社代表取締役)

目次

第1章 変わる企業経営「企業の変化に対応する人々」
  ・企業経営のコンセプトの変化 ・変わるビジネスマン ・年功序列から成果主義へ
  ・今、企業が求める人材 ・企業経営の共有

第2章 企業経営の理想と現実「社長の眠れない夜」
  ・最大利潤の追求 ・赤字企業の経営行動 ・裁量よりルールの企業経営
  ・経営者のリアル・オプション

第3章 財務の役割「混迷のCFO」
  ・CFOの財務戦略 ・企業価値とEVA ・混迷のCFO ・CFOの理想と現実

第4章 企業の未来「経営はバランスの芸術」
  ・業績とリスク ・新しい企業価値 ・バランス・スコアカードの実際 ・財務数値重視の弊害
  ・財務数値から総合評価へ 
  ・企業の未来【企業経営 3つの指針「バランス」「成長」「多様性」】

Booklet 3

Booklet 3 使える理論の使い方の論理
-マーケティング理論の効果的実践のために-

講座コーディネータ・講師

大友 純 (明治大学商学部教授)

著者

小堺 規行 (住友大阪セメント株式会社 建材事業部)

目次

◇ 実践理論の選択
◇ 戦略理論を実践するための5つのステップ  
◇ 適用事例 その1:選択財交渉財への戦略的方向転換
◇ 選択財から交渉財への戦略的方向転換に対する実証結果と考察
◇ 適用事例 その2:産業財マーケティングの新視点による実証結果と考察
◇ 産業財企業に根強い戦略理論との乖離
◇ 実践部隊に要求される4つのポイント
◇ 実践部隊を率いるドライバーの重要性と人材登用のコツ

Booklet 2

Booklet 2 都市空間を歩く
-近代日本文学と東京-

講座コーディネータ・講師

佐藤 義雄(明治大学文学部教授)
長沼 秀明(明治大学文学部講師)
栗原 敦(実践女子大学文学部教授)

目次

◇『柳橋新誌』と『大川の水』 ー柳橋から両国へ
  ・柳橋から両国へ ・成島柳北と『柳橋新誌』 ・『大川の水』と芥川龍之介
◇長谷川時雨『旧聞日本橋』を歩く  
  ・お江戸の真ん中・日本橋 ・日本橋ッ子としての気魄 ・日本橋を歩く 
  ・『旧聞日本橋』の舞台
  ・今に生きる日本橋っ子 ・長谷川時雨の生家と大丸 ・日本橋に生きる
◇『田舎教師』の夢見た帝都東京 -上京青年の上野公園-
  ・田舎教師に映る東京の影 ・田舎の文学青年たちの夢と野心  
  ・日露戦争前後の日本社会と青年たち ・田舎青年たちの二つの道 
  ・田舎教師の見た帝都 -上野公園の中の林清三- 
  ・田舎教師として生きる -日露戦争後の地域社会-
◇『大津順吉』・『断腸亭日乗』・『嵐』 -麻布六本木から飯倉へ
  ・麻布六本木から飯倉へ ・志賀直哉三河台の家と『大津順吉』 
  ・永井荷風偏奇館と『断腸亭日常』 ・島崎藤村の飯倉と『嵐』
◇『放浪記』・『落合町山川記』 -林芙美子の新宿下落合
  ・『放浪記』について ・『落合町山川記』について ・林芙美子の詩と都市東京について

Booklet 1

Booklet 1 マーケティング戦略ゼミナール
-「スモールイズビューティフル」を読む-

ゼミナール講師

大友 純 (明治大学商学部教授)

著者

受講生一同

目次

◇『スモール イズ ビューティフル』とマーケティング戦略ゼミナール
◇アパレルビジネスにおいて規模を小さくする事による効率性の向上への考察
◇株式会社守谷商会への'Small is beautiful'適用に関わる一考察 
◇会社・職場に『スモール イズ ビューティフル』的思考を取り入れた場合 
◇'Small is beautiful'~自己のビジネスへの考察~
◇製品の小型化・売上げ規模の少額化によりもたらされたもの
◇携帯販売店における『スモール イズ ビューティフル』的考察
◇マーケティングマネジメント展開組織における小規模化の効果に関する一考察
◇'Small is beautiful'における考察
◇マーケティング戦略ゼミナール『シューマッハーに学ぶ』
◇情報社会においての'Small is beautiful'
◇大規模組織における小規模組織(チーム制)の有効性について
◇小規模チームによるシステム開発
◇組織における人間の最大能力と効率性

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ