図書館司書講習よくある質問 FAQ

よくある質問

  1. 1. 応募について
    1. (1)応募書類について
    2. (2)証明書について
    3. (3)受講資格について
    4. (4)免除・認定について
    5. (5)受講の可否について
    6. (6)併願について
  2. 2. 授業および受講について
    1. (1)出席について
    2. (2)部分科目受講について
    3. (3)最終試験について
  3. 3. 受講後について
  4. 4. その他

1.応募について

(1)応募書類について

どこで入手できますか?
ホームページからダウンロードされるか、事務局にお申し込みください。
※資料請求はこちら
応募書類の持参は可能ですか?
受付できません。必ず郵送(書留)にてご応募ください。
一度応募した書類を返却してもらうことは可能ですか?
ご提出されたすべての書類は返却しておりませんので、ご了承ください。
どれくらいの倍率なのか教えてください。
例年応募者数に変動はありますが、ここ数年は2.5倍程度となっています。

(2)証明書について

申込締切日までに卒業証明書や戸籍抄本の発行が間に合わない場合は、どのようにすればいいですか?
準備が可能な書類だけ先に提出してください。その際、証明書の発行が遅れる理由を必ず明記のうえ、準備ができ次第迅速に送付してください。
証明書はコピーでも大丈夫ですか?
コピー不可です。大学・役所等で必要枚数を発行してもらうようにしてください。
※ただし、文部科学省が発行した「資格取得証明書」「講習修了証」は、再発行できませんので、原本提出ではなく、コピーの提出でかまいません。
大学院を修了していますが、受講資格の証明書は大学院の修了証を提出すれば良いですか?
大学院ではなく大学の卒業証明書を提出してください。
大学院在学中の方も同様です。
複数の大学・大学院を卒業した場合の卒業証明書の提出について、指定はありますか?
基本的には『受講資格』を証明できるものであれば問題ありませんので、最後に卒業した大学のものでかまいません。
勤務証明書の記入欄を超えて記入が必要な場合はどうすればいいですか?
総勤務時間がわかるように、欄外にご記入ください。
※「2年以上の勤務経験」を証明するためには、通算勤務時間が3,410時間を超えていることが必要です。((3)受講資格についてFAQ参照)
[業務委託の場合の勤務証明書について]
図書館業務請負会社のスタッフで、勤務経験2年以上による科目免除を申請したいのですが、委託なので勤務先図書館から勤務証明書が出ない場合、証明はどうすればいいでしょうか?
基本的には勤務先図書館の証明が必要ですが、発行不可の場合は、『請負先(派遣会社等)の所属長による勤務証明書』及び『委託元(図書館)が発行する委託内容・期間を明記した書類』(期間・委託内容の明記された、契約したことがわかる書類等でも可)の2種類を提出してください。
ただし、その証明内容がどれだけ有効かについては、審査の際の判断になりますので、ご了承ください。
※御不明な点は、事前にリバティアカデミー事務局までお問い合わせください。
[業務委託の場合の勤務証明書について]
勤務証明書の印は所属長の個人印で大丈夫でしょうか?
所属長の印でかまいません。
司書補の資格取得証明書が、取得大学で発行されない場合はどうすればいいですか?
取得時の「資格取得証(再発行不可のため、コピー可)」および「単位修得証明書(資格の取得科目が分かる証明書)」を提出してください。
卒業した大学が閉校した場合、証明書の発行はどうすればいいですか?
文部科学省に、直接お問い合わせください。
文部科学省 生涯学習政策局 03(5253)4111(代表)
前年度(またはそれ以前)明治大学の司書講習を受講しています。単位を落とした科目のみ、今年再履修として部分科目受講したいのですが、単位修得証明書は成績通知表のコピーでいいですか?
部分科目受講の場合も、「単位修得証明書」の提出は必須です。
申し込み期限に間に合わない場合は、取り急ぎ成績通知表のコピーをご送付のうえ、事務局に「単位修得証明書」の発行依頼をしてください。(後日、証明書を送付してください。)

(3)受講資格について

「2年以上の司書補としての勤務経験」があれば、通算勤務時間、職務内容を問わず受講が認められるのでしょうか?
「2年以上の勤務経験」の文部科学省の算出根拠は、次の通りとなっています。
7時間45分(フルタイム)×220日(1年間)×2年間=3,410時間
よって、通算勤務時間が3,410時間を超えていることが必要になります。
また、職務内容については、公共図書館では司書補としての採用・勤務がありますが、国立国会図書館または大学、高等専門学校の附属図書館では、司書補としての肩書きを使用していません。
従って司書補に相当する業務を行なっていたということを、勤務証明書によって確認いたします。具体的にはカウンター業務補助、レファレンス業務補助などが相当します。雇用形態(派遣・臨時・アルバイト・委託など)は問題としませんが、単純作業,図書整理やラベル貼りなどの業務は、司書補に相当する業務とは認められません。
学士の学位を取得できる各省庁大学校等を卒業しています。受講資格はありますか?
事前にリバティアカデミー事務局までお問い合わせください。
資格取得上の年齢制限はありますか?
ありません。

(4)免除・認定について

科目の 「免除」と「認定」の違いはなんですか?
【認定】…明治大学司書講習では、過年度において、明治大学や他の大学(通信課程含む)の司書講習や司書課程で、すでに当該科目の単位を修得済みの場合を「認定」と呼びます。なお、科目の認定には、必ず「単位修得証明書」の提出が必要です。
【免除】…司書教諭・学芸員・社会教育主事講習等での学修、勤務経験により当該科目の受講を免除する場合を「免除」と呼びます。なお、科目の免除には、「単位修得証明書」あるいは「勤務証明書」の提出が必要です。
卒業した大学で、関連科目を修得しています。申請すれば、どの科目も免除(または認定)になりますか?
修得年度によって、申請できない可能性があります。
以下に該当する方で、申請に迷われる方は事前にリバティアカデミー事務局までお問い合わせください。
*1【司書課程または司書講習で、平成9年4月1日以前に一部科目を履修した方で、平成12年3月31日までに残りの科目をすべて修得できなかった場合】
この時期に法改正があり、履修科目の改定がありました。猶予期間3年間ですべての必要単位を取得できなかった場合、改定以前に取得した科目はすべて無効になります。ただし、猶予期間内で取得できた資格について、無効になることはありません。
*2【平成24年4月1日より前から引き続き大学に在籍している方が、平成24年4月1日以降に司書の資格取得に必要な全ての旧科目の単位を修得できず卒業した場合】
同日以降に修得した旧科目の単位は相当する新科目の単位とみなすことができず、無効になります。

(5)受講の可否について

受講できるかどうかは、いつ頃わかりますか?
2017年度は5月8日(消印有効)が締め切りですので、6月中旬には、応募されたみなさんに結果を通知する予定です。

(6)併願について

他大学の司書講習と併願することはできますか?
可能です。ただし、同時期に他大学の講習を併行して受講しても、当大学から修了証を発行することはできません。先に他大学での受講が決定した場合には、リバティアカデミー事務局までその旨ご連絡ください。

2.授業および受講について

(1)出席について

選択科目など、履修していない科目の聴講は可能ですか?
履修外科目の聴講について、お受けしていません。
履修科目の受講をお願いいたします。
通学できない期間があります。何度か講座を欠席することになりますが、それでも大丈夫でしょうか?
夏期集中及びメディア授業のスクーリングとも、欠席した科目は単位未修得となり、次年度以降に再履修する必要があります。講習を修了するためには、定められた単位数を修得することが必要です。
パソコンのレベルはどの程度なら大丈夫でしょうか?
パソコンのレベルとしては、下記の操作ができることを前提として講義を進めます。
・GoogleやYahoo!などのサーチエンジンを使用して、ウェブサイトの検索・閲覧などができること。
・MS Wordの十分な使用経験があり、文書の作成(文字・記号・数字入力など)、編集、保存、印刷など基本的な操作方法を習得していること。
また、メディア授業では配信コンテンツの利用に際し、下記の操作を必要とします。
・ソフトのインストールや設定の変更が行えること。
・ファイルの送受信が行えること。
・メール(添付ファイル)の送受信ができること。

(2)部分科目受講について

他の大学で司書課程を一部履修し、5科目を残しています。そのうち3科目を今回の司書講習で履修し、残りは他の大学等で受講したいと思っています。可能でしょうか。
部分科目受講でのお申し込みとなります。(単位修得証明書必須)
申請の際、他大学で受講する旨を必ず明記してください。
この場合、当大学では「司書講習・単位修得証明書」の発行のみとなりますので、ご了承ください。なお、当大学の司書講習は、体系だったカリキュラムにおいて運営しておりますので、部分科目受講は、主に過年度において本学司書課程または司書講習受講者で、単位未修得者を対象としています。
本年度単位を取得することができなかった科目に関して、来年また受講申し込みを行い、その科目のみを受講することは可能でしょうか。その際の、受講金額等はどのような形になりますか?
本年度単位を取得することができなかった科目については、来年度以降、開講の決定→部分科目受講でのお申し込み→選考の手順を経た上で、ご受講いただける機会があります。
その際の受講金額は、単位数にもよりますが、基本的には 単位数×単価 となります。今年度の部分科目受講料の単価につきましてはパンフレットをご参照ください。

(3)最終試験について

各科目終了時(後)に筆記試験はあるのですか?
全科目に筆記試験、もしくはレポート提出があります。
成績判定に重要な要素として試験およびレポート等がありますが、毎回の講義内容を理解せずに合格はできませんので、ご了承の上、お申込みください。
最低出席日数(受講時間)もありますか?
各科目8割以上の出席が必要となります。
受講者は全員合格できるのでしょうか?難易度はどのくらいですか。
毎年7割程度の方が合格しています。夏期集中は、大学の授業等で2年間かけて学習する内容を、2ヶ月間で集中して行うため、レベル的にも体力的にもそれなりの覚悟でご受講いただく必要があります。メディア授業はご自身でスケジューリングが出来る半面、講習は半年以上続きますので、課題をため込まないことが重要です。

3.受講後について

修了書や単位修得証明書は、講習終了後、すぐにもらえるのでしょうか?
すべての科目が終了してから、修了判定がなされます。判定が確定するまで、各種証明書は発行できません。例年夏期集中では11月中旬、メディア授業では4月中旬となっています。電話での問い合わせには、お答えできません。

4.その他

定期券購入にあたり、学割は適用されますか?
通学時の定期券購入について、学割は適用されません。一般の定期券を購入してください。
教育給付訓練制度を利用できますか?
夏期集中・メディア授業ともに、教育給付訓練制度の適用はありません。
受講料の納入は、いつ頃になりますか?
受講結果通知発送後から概ね2週間以内を期限としています。(6月中旬予定)
教科書は、どこで購入できますか?
ガイダンス当日に販売時間を設けます。また、受講料の入金確認が完了次第、詳細資料として指定教科書一覧を送付いたしますので、最寄りの書店やインターネット等でお買い求めいただいてもかまいません。
司書補の講習を受けたいのですが。
明治大学では「司書補」の講習はありません。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ