プログラム概要

マネジメント層に求められるコンピテンシーの理解と開発

講師梅村 紀彰(うめむら としあき)
株式会社エル・ブレイン代表取締役
印刷会社にてマーケティング事業部に所属し、新商品開発及び新規顧客開発業務に携わる。
その後、(株)人材政策研究所の設立に携わり、取締役就任。船井総合研究所客員コンサルタントを兼務。
1997年(株)エル・ブレインを設立し代表取締役就任。
人事・営業・マネジメント領域のコンサルタントとして、企業のソリューション営業力強化、人材評価、他新卒から幹部層までの人材教育・能力開発支援全般に取り組む。
特に、営業パーソンおよびマネージャー職の能力・コンピテンシー開発で高い評価を得ている。リクルートマネジメントソリューションズ公認インストラクター、マイナビ認定講師。

講座概要

現在大手企業を中心に、管理職や経営幹部に登用する人材の選抜手法の1つとして「ヒューマン・アセスメント」が活用されています。
ヒューマン・アセスメントは、マネジメント環境を想定した演習を通じて、管理職に求められる能力を複数の項目で多面価するプログラムです。
そしてその評価の際に基準となるのが「コンピテンシー」という、ハイパフォーマーに見られる行動特性です。
このコンピテンシーの質を高めることが、マネジメント業務において継続的に成果をあげるための必須事項と言えます。
本科目では、業種・業態を問わず移り変わりの激しい現在の競争環境において企業の管理職・経営幹部に求められるコンピテンシーを「資質」「思考」「対人」に分類して体系的に学びます。
また、演習を通じて自身のコンピテンシーレベルを棚卸し、自身のマネジメント能力の強み・弱みを把握します。

ページの先頭へ