受講生の声

アグリサイエンスアカデミー(2012年度受講生)   2012年度「アグリサイエンスアカデミー」 受講生 天野秀明様

 私がこのアグリサイエンス講座を知ったのは、2008年の明治大学リバティアカデミー案内で、生田キャンパスで開講すると紹介されていた。
 自宅でトマトやなす等を作り、それなりの成果はあげていたが、本格的に野菜栽培を学んだことはなかったので申し込むことにした。事務局に問い合わせをしたとき「この講座は始めての試みの講座であって人気もないので、何時申し込んでも大丈夫」と聞き、逆に受講生が集まらなくて中止されるのではないかと心配した。しかし、開講日には20~70代の人達が集まっていて無事に開講された。そして、翌年からは申し込み開始日に満員になるほどの大人気講座となった。以後、第1回から第4回までは、生田キャンパスで、そして5年目となった2012年度はこの黒川農場で学んで(遊んで)いる。
 講座は、約月2回、土曜日にあり、毎回諸先輩方の1時間半の有機肥料・農薬・病害虫駆除・野菜栽培技術等の基礎知識の講座を受け、その後の1時間半の圃場での実習という構成である。
 圃場での実習は、抽選で決まった自分の区画があり、その管理・収穫は自己責任でするが、最初の整地や畝づくり、マルチ張り、片づけ等は先生の指導の下、班ごとの共同作業で行う。班ごとにあれこれ言い合いながら汗まみれなっての共同作業は、仲間意識も生まれ、一人でするよりもずっと楽しい。そして、やはりこの講座の最大の魅力は、本来は付録であるはずの収穫した野菜にある。有機肥料で無農薬ということだけではないのだろうが、本当に美味しい。採れすぎて人に分けることが多いのだが、皆に喜ばれ、これもまた野菜作りの楽しみのひとつかと思う。この講座を継続して受講する人が多いのも、こういうところにあるのではないだろうか。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ