受講生の声

速習・マーケティング入門―一気にマーケティングの“コツ”を学ぼう(2013年度後期受講生)   熊本県市長会東京事務所(八代市役所より派遣)次長 村上修一さん

 私は熊本県下14市で構成する熊本県市長会東京事務所に勤務しており、主に政府及び関係省庁との連絡・要望調整や熊本県内の観光物産等のPR活動をやっています。その私が明治大学リバティアカデミーを知ったのは、事業の一環として熊本とのコラボ企画を明治大学へ持ち込み、特別企画講座を開いていただいたことがきっかけでした。
 リバティアカデミーは、さまざまな研修プログラムが盛り込まれており、興味をそそるものばかりです。地方大学のオープンカレッジは教養・文化講座が主で講座数も限られています。私は東京でしかできないことを体験し何かを学び取って帰りたいという思いからすぐさま飛び付き、以前より興味があった「速習・マーケティング入門」を受講しました。
 とにかく立地場所、講座内容、スケジュールを含め、仕事をしながら無理なく受講できます。講義も5つのテーマにそれぞれ専門5名の先生から教えてもらえるため、マーケティングのバックグラウンドを持っていない人や知識の浅い人でも効果・効率的にマーケティングのコツを得ることができると感じました。
 授業は、専門用語が頻繁に出てきますが、その内容も詳しく教えていただき、また日本がバブル崩壊によって学んだ時代背景や企業におけるマーケティング戦略の成功、失敗事例を交えて話をされることから、講義中はうなずくばかりで毎回脳に刺激的に感じられるほどでした。さらに僅かながらも仕事とも密接に繋がっているため、仕事をしながら講義の内容を再確認したりすることもあり、相乗効果でマーケティングの知識が積み重なってきました。
 地方行政は、少子・高齢化の進展など社会環境はめまぐるしく変化しており、これまで以上の自主・自立性と創意工夫が求められます。私はこの講座を通じ、地方行政が実施するさまざまな政策の形成や評価等にマーケティングの考え方を取り入れて行きたいと考えています。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ