受講生の声

「感動を生み出すサービス経営学─ビジネスとサービスを融合させる成功哲学─」(2013年度後期受講生)   株式会社中野サンプラザ 営業部婚礼課課長 高木 康行さん

感動を生み出すサービス経営学を学んで

 私が勤務する中野の地に、再開発で昨年誕生した中野セントラルパークを中心に明治大学をはじめとした大学や大手企業が進出し、中野の街の雰囲気も若者やビジネスマンが増えて大きく変わりました。こうした中、明治大学リバティアカデミーの存在を知ることとなり、その数ある研修プログラムの中でも「感動を生み出すサービス経営学」は、ホテル・サービス業界に長く携わっている私にとってはうってつけの内容でありました。さらに勤務地が中野キャンパスまで徒歩数分にあることと、講座のスケジュールも仕事帰りに無理なく受講することができるのも魅力的でした。
 講義を受けるのは20数年ぶりということで、40才半ばにしてこのような機会に恵まれたことがとても嬉しく、初めての講座の日が待ち遠しい日々が続きました。(その講座の初日は台風で順延になりましたが…)
 授業では、サービス・ビジネスの成功の鍵を“サービス”の基礎から論理的に学ぶことから始まりました。このような視点から自らの業務をここまで深く掘り下げて考えたことは無かったところであり、野村清教授の経験を踏まえ、ユーモアも交えながら進む講義がとてもわかりやすく、初回から今後の展開に非常なる期待を持ちました。
 他にもここでご紹介したい講義内容がたくさんありましたが、特に印象に残っているのが、「明確なフィロソフィーの重要性」の部分です。サービスを行う企業にとって、サービスの遂行には、「哲学・理念・クレド」が必要であり、明確に定めて実行することにより従業員のモチベーションや接客技術の向上に繋がるものと理解できました。会席料理のフルコースを食べながら、テーブルマナー・日本料理の作法などを楽しく学ぶ回もあり、全6回の講座は今後の私の職務の大きな糧となったと思っております。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ