受講生の声

女性のためのスマートキャリアプログラム(2018年度 七期生)丸山 美紀子 さん

私が感じる「幸せ」。

 「次に女性に生まれたら、あなたのようになりたい!」今は亡き明治生まれの私の祖母が、里帰りしていた私に言った。「仕事、ゴルフにスキー、海外旅行、その後は子育てに集中して専業主婦。なんて羨ましい」
 転勤族の夫と共に、各地で子育てをし、気が付くとPTAや地域活動にのめり込んでいた。一方で、評価されない自分に悶々とし社会とのつながりを求め、仕事を探す時間が増えた。たまたま採用されたガイドブックの原稿料が、主婦になって初めて外から得た直接の報酬だった。
 現在、証券業界で働いている。離れていた日々を取り戻すのは大変で差は縮まらない。それを補いたくて学ぶ場所を探しはじめ、期間も短く割安な明治大学の「女性のためのスマートキャリアプログラム」(スマキャリ)を見つけた。必修と選択科目があり、修了には単位が必要なので集中できた。受講の面接で、趣味講座の延長ならば価値がないと言ったのを思い出す。プログラムはビジネスパーソンに必要な講座がセットになっている。自分では選ばなかったであろう講座もあり、知らない世界を知ることができた。講義形式もあればグループで話し合い発表することも多かった。インプットとアウトプット。自分の考えを人に伝えることは大切だ。ここで得た知識と経験が自信となるだろう。「できないことを環境のせいにしない。」先生の言葉に感化された。
 人生100年時代。社会人の学び直しが提唱される中、明治大学はいち早くリカレント教育に乗り出した。
 仕事を終え滑り込むようにして通学。常に時間に追われたが、会えば楽しい、違う環境の話が聴ける、スマキャリ同期のおかげで駿河台に足が向いた。また、社会人に混じり、意欲的に学ぶ明大生との交流も励みになった。熱心に教えていただいた先生方、事務局の皆様にはお世話になりました。そして、勉強することに寛大だった家族にもありがとう。
 明治生まれの祖母と幸せの感じ方が違うのは時代のせいなのか、後悔しない人生を送るため、迷った時には、また、駿河台へ来ようかな。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ