受講生の声

金融改革が指向する「真の顧客本位」を学ぶ(2018年度秋期受講生)  佐野 まゆみ さん

「学び」は未来を創る第一歩

 2016年4月、リバティーアカデミーとの出合いは今から2年半ほど前のこと、「女性のためのスマートキャリアプログラム」(スマキャリ)を受講したことがはじまりです。
 私は、本学卒業後に勤務した外資系生命保険会社の代理店を営んで20年以上になります。子供達もそろそろ社会に出ようとしていた頃、これまで自分が歩んできた人生の棚卸とこれから先の進み方を見直そうと思ったことが受講の動機でした。
 スマキャリでは、最新のビジネス知識やスキルの習得だけでなく、キャリアやビジョンについてありのままの自己と向き合う講義もあり、共通意識を持った仲間との語らいや先生方、職員の皆様からの強力なサポートに大きな勇気と気づきをいただくことができました。
 また、ビジネススクールと連携したマーケティング、マネジメント、金融財務などのプログラムは大変興味深く、スマキャリ修了後も関連したコースを見つけては受講を続けているうちに、これまでの経験と習得した理論が結び付き、そこから生まれる人と人との繋がりが、さらに新しい世界を創り出していることに気づいたのです。
 今期受講の「金融改革が指向する『真の顧客本位』を学ぶ」の中野晴啓先生との出会いもそのような繋がりからいただいたご縁です。日本の金融改革を推し進めるべく日々全国を疾走されているお姿には非常に感銘を受けており、業界を牽引する企業の経営者から直接お話を伺える恵まれた環境にはただただ感謝するばかりです。
 講義はゼミ形式で、受講生間の議論も飛び交う中、中野先生の熱弁には一日の疲れも吹き飛び、襟を正される想いで帰路についています。金融業界の在り方が変わろうとしている今、「真の顧客本位」を実践していくためにはどうあるべきか。お金の「価値」を再考し、金融人として正しい知識やサービスを提供できるプロであり続けるために、私の学びはまだまだこれから。
 今、学ぶことが楽しくてしかたありません。

会員のページ

会員の方の「講座申込」はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

会員番号:
Password:

会員区分に変更がある場合は、ログイン後、「マイページメニュー」にて変更してください。

ページの先頭へ